【水漏故障】エアコン吹出口から水滴が飛んでくる原因と修理対処法

エアコンの吹出口から水が飛んでくる原因と対処法

エアコンの冷房や除湿を使っていると、床に水が落ちていたり、吹出口から水滴が飛んできてびっくりすることがあると思います。

この時、もしかしてエアコンが故障してしまったのだろうかと心配してしまうと思いますが、こういったエアコン吹出口からの水漏れは本格的な故障が原因ではないことが多いです。

この記事では、エアコン吹出口から水滴が落ちてくる原因と対処法について詳しくお話していきます。

スポンサーリンク

フラッパーについた結露水が原因の場合

エアコンの風向きを下に向けたまま冷房運転を続けると、吹出口に付いているフラッパーが冷やされて結露が発生し、その水が下に落ちてくることがあります。

フラッパーについた結露水が垂れて水漏れする

この水漏れは、湿気の多い部屋でフラッパーを下向きにしたままエアコン冷房を行うという条件が揃ったときにしか発生しないものとなります。

フラッパーの向きを上向きにして対処する

水漏れの原因がフラッパーの結露水の場合、修理の必要はなく、フラッパーを上向きにして水漏れが収まるかどうか確認していきましょう。

エアコンのフラッパーを上向きにする

これでも水漏れが収まらない場合は、次にお話するエアコン内部の汚れが原因の水漏れの方を疑っていってみてください。

エアコンフィルターの汚れが原因の場合

エアコンの水漏れは、前面パネルの奥にあるフィルターにホコリがたくさん溜まっているだけでも起こることがあります。

エアコンのエアフィルターの汚れ

エアコンのエアフィルターにホコリが大量に付着すると、エアコンに吸い込まれる空気の量が極端に少なくなってしまい、エアコン内部の壁面やファンの表面温度などが通常より低くなってしまいます。

その結果、通常の運転だと冷却フィンにしか発生しない結露水が室内機内部の壁面やファン部でも発生してしまい、その水が風にのってエアコンの吹き出し口からピッピッ・・・と飛び出してきます。

また、エアコンフィルターが汚れていなくても、フィルターの奥にあるアルミフィンの熱交換器や吹出口の奥にある送風ファンにカビ汚れがたくさん付着してしまって風量が低下しているようなケースもあります。

エアコン設置から5年以上経過していてまだ一度も本格的なエアコンクリーニングを行っていない場合は、水漏れの原因がアルミフィン熱交換器やファンの汚れではないか疑っていきましょう。

フィルター掃除して対処する

吹出口から水滴が飛んできた場合、まずは自分でエアコンフィルターの掃除を行ってみてください。

フィルターのホコリを掃除機で吸い取る

フィルターの汚れが少ない場合は掃除機で吸い取るだけでOKですが、かなりの量がフィルターの上に溜まってしまっている場合、掃除機で吸い取っただけではフィルターが汚れで目詰まりしたままになっていることがあります。

そのような場合は、水洗いしてホコリをきれいに取り除いた後、天日干ししてしっかり乾かしてからエアコンに取り付けてください。

エアコン掃除でフィルターを水洗い

フィルターの掃除だけなら自分でも簡単にできますので、まずは一度フィルター掃除をしてみて水の飛び散りが解消するか試してみるのがいいでしょう。

エアコン内部の汚れが原因の場合

エアコン設置から数年が経過していて、これまで本格的なエアコンクリーニングをしたことがないという場合、エアコン内部のアルミフィンや送風ファンにカビやホコリなどの汚れが溜まってしまっている可能性があります。

エアコンは内部がきれいな状態だと水がちゃんと排水される設計になっているのですが、そういった汚れが発生してくると、想定外のところに水がたれたり、風量が低下することによってエアコン内部の壁や送風ファンなどが異常に冷やされて結露水が発生し、それが風に乗って飛んでくることになります。

エアコンクリーニングで水漏れ修理する

エアコン内部の汚れが原因だった場合の対処法としてはエアコンクリーニングが効果的です。

最近ではホームセンターやネットショップなどでエアコン洗浄スプレーを購入することができるため、そういったものでエアコンクリーニングする人も増えてきました。

エアコン洗浄スプレーでフィンのカビ汚れを取り除く

ただ、このエアコン吹出口からの水漏れは、こういった簡易的なエアコン掃除だけでは解消しない事がほとんどです。

中にはエアコンを分解して自分でエアコンクリーニングをやっている人いますが、よっぽどメカに詳しい人でない限り、そういったことをすることによって余計なところまで壊してしまうというリスクもあります。

というのも、吹出口から水滴が飛んでくるという水漏れは本格的な故障というよりも、ただ単にエアコン内部が汚れてしまっているだけですので、部品交換等は必要なく、そこまで修理費用が高くなるというものではありません。

エアコン洗浄機でアルミフィンのカビ汚れ落とし

エアコンからの水漏れが続くと、床が傷んでしまったり、家具や家電が濡れてしまったり、部屋の湿度が上がってカビが生えたりしてしまいます。

早め早めにエアコンクリーニングを行って、エアコン水漏れに対処していきましょう。

修理費用の相場(10000~15000円)

吹出口から水滴が飛んでくる場合、一般的なエアコンクリーニングで症状が改善することがほとんどです。

エアコンクリーニングの相場は、お掃除機能なしのエアコンで10000円前後、お掃除機能付きのエアコンで15000円前後となります。

ガス漏れが原因の場合

何らかの原因でエアコンの銅配管内に充填されている冷媒ガスが漏れ出してしまった場合、冷房運転やドライ運転時に室内機の吹出口やフラッパー辺りから水が垂れてくることがあります。

エアコンの冷却フィン

正常なエアコンの場合、室内機の内部にある冷却フィンは均一な温度で全体が冷やされるのですが、ガス漏れを起こしてしまった場合、このアルミフィンの一部だけ極低温になってしまいます。

その極低温に冷やされたアルミフィンの近くにあるパーツが通常より冷やされてしまい、その部分で結露水が発生し、それがエアコン吹出口辺りから垂れてきてしまいます。

このようなメカニズムで室内機で水漏れが発生している場合は、冷房運転を行っても吹出口から出てくる風の温度があまり冷えていないぐらいの状態まで冷媒ガスが抜けてきていることと思います。

この冷媒ガス漏れに関しては、エアコン側でエラーコードを出す機種と、冷媒が漏れてしまってもそのまま運転をし続ける機種のどちらも存在しますので、意外にガス漏れに気づかないままエアコンを使い続けているケースもよく見かけます。

ガス漏れ有無の判断方法

ガス漏れの有無を判定する方法としては、業社の場合はゲージマニホールドという圧力計を使ってガス圧を測定していくのですが、素人の場合はエアコン室内機の吸込空気温度(室内機上部の温度)と吹出空気温度(室内機の吹出口から吐き出される風の温度)の差が正常範囲にあるかどうかでガス漏れの簡易確認が可能です。

  • 吹出吸込温度差;8~13℃が正常(冷房運転)
  • 吹出吸込温度差;16~23℃が正常(暖房運転)

エラーコードが出ていないにもかかわらず、冷房運転時の室内機吸込吹出温度差が8℃以下しかないような場合はエアコンガスが漏れている可能性が高いと考えていいでしょう。

具体的な温度測定方法としては、写真左側ような温度計(ホームセンターで2000円ぐらいで購入できる、本体部とセンサー部の2箇所で温度を測定可能)を使ったり、写真右側のよう非接触タイプの温度計(約2000円)を使って測定するのがいいでしょう。

冷媒ガス補充で使った温度計

エアコンの吸込み温度を測定

このようにエアコンの吸込温度と吹出温度を測定し、その温度差が小さければエアコンの冷媒漏れが原因だと判断していくことができます。

主なガス漏れの発生場所

エアコンガス漏れの原因の多くは配管接続部からの冷媒漏れとなります。

家庭用のエアコンはフレア加工を施した銅管をフレアナットで締め付けながら圧着接続する方式を採用しています。

エアコン配管の継ぎ手を離した状態

この接続方法は、フレア加工した銅管をフレアナットで締め付けて変形させながら圧着させるため、基本的には冷媒漏れが発生しにくい構造になっています。

ただ、完全完璧にガスがもれない構造ではないため、稀に施工不良や中古品購入、引っ越しなどでの配管の使い回し(フレア加工部の再使用)、配管を接続したままエアコンを動かしたなどが原因で、接続不良を起こして冷媒が漏れてしまうことがあります。

家庭用エアコン場合、冷媒漏れを起こしやすい冷媒配管の接続部は室内機側と室外機側の2箇所となります。

室内機側の配管接続部

室内機裏側の配管接続部

エアコン配管の接続部

室外機側の配管接続部

室外機側の配管接続部

稀に海岸地域(塩分が多い)や温泉地(硫黄が多い)、下水配管に直接ドレンホースを取り付けている(アンモニアなどが多い)ような場合、銅配管の腐食により穴が空いてしまい、そこから冷媒ガスが漏れていることもあります。

冷媒ガス漏れの修理費用の相場

エアコンガス漏れの修理費用の相場は、ガスチャージだけだと1.5~2.5万円程度ですが、ガス漏れの原因によってはフレア加工のやり直しや配管の溶接修理が必要なケースもあり、その場合は修理費用が4~10万円になってしまうこともあります。

室外機水漏れの原因がガス漏れであった場合は、修理の現地見積の段階で業社の人としっかりやり取りし、修理にどれだけ費用がかかりそうか確認しておくことをおすすめします。

原因不明の場合

実は、エアコン吹出口の少量の水漏れの中には、いくら原因を探してもエアコンに異常は見つからないケースもあります。

  • ドレンホースからはきちんと排水されている
  • ドレンパンにも水は溜まっていない
  • ドレンパンの破損も確認できない
  • 冷媒漏れも発生していない

こういった事例が発生するのは極稀なのですが、猛暑の真夏日にエアコンを何日もつけっぱなしにしているような状況で起こることが多いです。

こういった症状のエアコンの内部を確認してみると、アルミフィン熱交換器に結露水がびっしりとついていて、さらにその結露水が吹出口の奥のほう(赤丸で囲っている部分)まで飛び散っているような状態になっています。

原因不明のエアコン水漏れのイラスト図

おそらく、近年増えている猛暑の影響でエアコンがフル稼働していることが影響してアルミフィン部に想定以上の大量の結露水が発生し、フィンとフィンの間を通過する風に乗って飛び散り、エアコン吹出口辺りから垂れてきているのではないかと考えています。

この場合、エアコンそのものに異常はないため修理することはできません。

頻繁にこういったことが起こってしまう場合は、もしかしたら部屋に対してエアコンの能力が足りていない可能性が考えられますので、能力の大きなエアコンを導入するというのも一つの選択肢として考えられるでしょう。

万が一、吹出口からの水漏れの原因が特定できなかった場合は、こういった水漏れの原因もあるということも知っておくといいと思います。

最後に一言

今回は、【水漏故障】エアコン吹出口から水滴が飛んでくる原因と修理対処法についてお話しました。

エアコン吹出口から水滴が落ちてくる一番の原因は、エアコン内部の汚れです。

吹出口からの水漏れは量が少なく、水が飛んでくる以外はエアコンは正常に動いているため放置しがちです。

ただ、この水漏れにすぐに対処せず、しばらくそのまま使っていた場合、水が床や家具家電などにかかってしまって余計な出費が増えてしまうこともありますので、早め早めに業社の人を呼んで修理の見積もりを取ることをおすすめします。

なお、エアコン水漏れ修理業社の選び方のポイントをこちらの記事で紹介していますので、初めてのエアコン故障でどこに修理を依頼すればいいのか分からず困ってしまっている場合は是非参考にしてみてください。

>>エアコン水漏れ修理業者の選び方のポイント

おすすめのエアコン水漏れ修理業者
町の電気工事屋さん

◎最短30分のスピード対応
◎見積もり無料(対応エリア内)
○取扱メーカーはパナソニック、シャープ、ダイキン、富士通、日立、東芝のみ
✕一部未対応エリアあり(WEB見積時に要確認)

【サービス】
エアコン修理全般(水漏れ含む)に対応。夜間修理可能。不要なエアコン買替提案なし。第二種電気工事士が在籍の地元の電気工事業者を紹介。

ユアマイスター

◎地元のエアコンクリーニング業者が多数登録
◎水漏れ対応可否の問合せ無料
✕電話での見積問合せ不可
✕部品交換やガス充填などが必要となる修理は対応不可

【サービス】
エアコン水漏れの約8割の原因を占める排水経路詰まりはエアコンクリーニング業者でも修理可能。WEBフォーム(備考欄)で水漏れ修理対応可能か聞いてみよう。

タイトルとURLをコピーしました