エアコン室外機をリセットする具体的なやり方まとめ

室外機の故障修理
t.tamaki
T.T (Electrician)


スポンサーリンク

エアコン室外機のリセット方法

エアコンの調子が悪く色々と調べてみると、本来回ってないといけないはずの室外機がまったく動いていないことがあると思います。

そういった場合、エアコンを再始動させてあげることでエラーを解消することができたりします。

ただ、一般的なルームエアコンの場合、室外機側にはリセットボタンがないため、コンセントを抜き差ししたり、強制運転ボタンを押したりして再起動させてやる必要があります。

そこで今回は、エアコン室外機の具体的なリセット方法について、写真付きで詳しくお話していきます。

スポンサーリンク

室外機のリセット方法

一般的なルームエアコンは、電源コードの抜き差しか応急運転ボタンを使った強制起動で再起動することができます。

【リセット方法1】電源コードを抜き差しする

エアコンのコンセントが抜けている

エアコンの室外機をリセットさせる一番簡単な方法は、室内機の電源コードを抜くという方法です。

一般的な家庭用のルームエアコンの場合、室外機の方にリセットボタンはありません。

室外機を再始動させたい場合、室外機の電源も室内機から出ている電源コードから電気が供給されているので、この室内機側のコンセントを抜き差しすれば強制的に室外機をリセットすることができます。

室内機のランプがピカピカと点滅していたり、リモコンにエラー表示が出ているような場合は、一度この方法を試してみましょう。

ここでのポイントは、コンセントを抜いてから1分ほど待ってからプラグを差し戻して再起動してみて、それでも駄目ならコンセントを抜いた状態で1時間程度放置してから再始動してみるということです。

ちょっとした室外機の起動エラーであれば、単純なコンセントの抜き挿しだけでエラー復帰することがありますが、もう少し深刻なエラーの場合でも圧縮機側に溜まっている電気を抜いて(放電させて)あげたり、室外機に溜まった熱を冷まして再起動してみてください。

リモコンに付いているリセットボタンは、リモコンの電池交換後にリモコン本体のリセットを行うためのものです。このリモコンのリセットボタンを押してもエアコンはリセットされませんので注意が必要です。

【リセット方法2】ブレーカーを入り切りする

分電盤の中のエアコンブレーカー

エアコンが高いところに取り付けられていてコンセントに手が届かないような場合、エアコンのブレーカーを落としてもOKです。

ブレーカーのマークの意味は「ー」で通電、「◯」で開放(電気を遮断)となっています。

ルームエアコンの場合、電源は室内機側のコンセントのみとなっていますので、ここまで作業ができたらエアコンに流れる電気は遮断できたことになります。

手順としては、コンセントの場合と同様に、リモコン操作ができる場合はエアコンの電源をOFFし、その後ブレーカーを落とします。

ブレーカーを落としてから1分ほど待ち、その後ブレーカーを上げて電気を供給し、エアコンを再始動してみましょう。

パッケージエアコンには抜き差しできる電源コンセントはありませんので、ブレーカー操作で本体リセットを行います。室内機と室外機のブレーカーが別々になっていることもありますので、その場合は両方のブレーカーを同時に操作する必要があります。詳細については取扱説明書を御覧ください。

応急運転ボタンを使った強制起動方法

エアコンの応急運転スイッチ

家庭用のルームエアコンには応急運転ボタンが備え付けられています。

このボタンを使って起動すれば、細かなエラーは無視して、基本的なエアコン動作のみで運転することができます。

応急運転でちゃんと動いた場合は、エアコンは致命的な故障を起こしておらず、ちょっとした不具合が原因である可能性が高まります。

室外機が動かないような場合は、一度、エアコン室内機本体のカバー裏などにある「応急運転スイッチ」でエアコンを起動してみるのがいいでしょう。

応急運転スイッチの操作方法はメーカーや型番に異なりますので、詳細についてはエアコンの取扱説明書を読んで頂きたいのですが、ざっくりと以下のような操作方法があります。

  • ボタンを1回押す毎に「冷房」→「暖房」→「停止」の順に切り替わるタイプ
  • その時の室温、外気温により自動的にエアコンが運転内容、温度設定を選択するタイプ
  • 前回の運転内容で運転するタイプ
  • 設定25度の応急運転となり、温度調節などはできないタイプ・・・など

色調べてみてもエアコンがちゃんと動かない場合は、エアコンの説明書を確認したりて、この応急運転スイッチを押してみましょう。

>>【エアコンメーカー別】応急運転ボタン位置と強制起動方法まとめ

再始動後もエラーコードが表示される場合

エアコンの室内機に表示されるエラーコード

上記の方法でエアコンを再始動しても、一旦は起動するのだけれどしばらくすると運転がストップしてしまったり、室内機のランプが点滅してしまう(エラーコードが表示される)ような場合、エアコン本体が故障してしまっている可能性があります。

エアコンのランプ点滅は、エアコンに発生している不具合の内容を知らせるエラーコードになっています。

点滅するランプの種類や点滅のパターン、リモコンに表示されている英数字のエラーコード内容を調べれば、どうしてエアコンが止まっているのかを知ることができます。

例)ダイキンエアコン エラーコード U0 → 冷媒ガス異常

以下にエラーコードを調べるために役立つサイトをまとめておきましたので、不具合原因特定の参考にしてみてください。

エラーコードの調べ方

まとめ

エアコン室外機のリセットは、コンセントの抜き差しで行うことができます。

応急運転ボタンでエアコンを起動したにも関わらず、室内機のランプが点滅して動かない場合はエラーコードを読み取って故障原因を調べてみましょう。

室外機が動かない場合の具体的な点検項目については以下の記事が参考になりますので、ご参考まで。

>>室外機が動かない原因と対処法まとめ

スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました