エアコンの室外機のリセットボタン
室外機のリセットボタンはどこにある?
プロ直伝のエアコン復旧方法

エアコンの室外機をリセットする具体的な方法


この記事は、「空調機器の設計開発」や「エアコン取付修理」に経験のある電気工事士が解説しています。
スポンサーリンク

1.室外機にリセットボタンはありません

エアコンの効きが悪く、室外機が動いていないから一度リセットしようと思ったけれど、リセットボタンがどこにあるのか分からないということがあると思います。

一般的な家庭用のエアコンの場合、室外機にはリセットボタンはなく、コンセントの抜き差しで再起動することがリセットとなります。

2.室外機の具体的なリセット手順

【STEP1】コンセントを抜く

エアコンのコンセントが抜けている

エアコンの室外機をリセットする一番簡単な方法は、室内機の電源コードを抜くという方法です。

家庭用エアコンの室外機にはコンセントがなく、室内機と繋がっている電源ケーブルから電気をもらっています。

室外機の電源ケーブルは室内機に繋がっている

室内機のコンセントを抜けば室外機の方も電気が供給されなくなるため、強制的に室外機をリセットすることができます。

エアコンの効きが悪かったり、室外機が動いていないような場合は、一度この方法でリセットしてみましょう。

リモコンに付いているリセットボタンは、一部のメーカーを除き、電池交換後にリモコンのリセットを行うためのものとなっています。リモコンのリセットボタンを押してもエアコン本体はリセットされませんので注意が必要です。

コンセントに手が届かない場合はブレーカーの入り切りで行う

分電盤の中のエアコンブレーカー

エアコンが高いところに取り付けられていてコンセントに手が届かないような場合、エアコンのブレーカーを落としてリセットしてもOKです。

ブレーカーのマークの意味は「ー」で通電、「◯」で開放(電気を遮断)となっています。

ルームエアコンの場合、コンセントは室内機側のみとなっていますので、入切りするブレーカーは1箇所となります。

業務用エアコンには抜き差しできる電源コンセントはありませんので、本体リセットはブレーカー操作を行います。家庭用エアコンと違って室内機と室外機のブレーカーが別々になっていることもありますので、その場合は両方のブレーカーを同時に操作する必要があります。詳細については取扱説明書を御覧ください。

【STEP2】コンセントを挿す

エアコンのコンセントを抜いたら1分ほど待機してからコンセントを挿してください。

この段階でエアコンの電源が入らない場合は、コンセントを一時間程度抜いたままにして、制御基板などに溜まっている電気をなるべくなくしてから、もう一度エアコンの電源を入れてみて下さい。

エアコン内部に溜まっている電気を完全に抜く方法としては、コンセントを抜いた状態で応急運転ボタンを押して、強制的に電気を使い切ってしまうという方法もあります。

【STEP3】エアコンが最大能力で動くように設定する

電源が入ったら、エアコンが最大能力で動くように下記の内容でリモコン設定してください。

エアコンのリモコンの設定

運転モード(季節)エアコン設定
冷房(夏場)・運転モード;冷房
・設定温度;最低(18℃など)
・設定風量;最大
暖房(冬場)・運転モード;暖房
・設定温度;最高(32℃など)
・設定風量;最大

【STEP4】室外機動作を再度チェックする

エアコンの室外機は、電源を入れてから1~5分程度で起動してきます。

設定が終わったら室外機のところに行き、ちゃんと動いているか以下のポイントについてチェックしてみましょう。

室外機が動かない場合のチェックポイント

室外機の部位チェック内容

室外機

  • 室外機が動き出すか?

送風ファン

  • スムーズに回転しているか?

吹き出される風

  • モワッと熱いか?(冷房の場合)
  • しっかり冷たいか?(暖房の場合)

ドレンホース

  • 水が出てきているか?(冷房の場合)

室外機が動き出すとまずはじめに①送風ファンが回りだします。

その後、しばらくすると室外機の吹出口から②熱い風(暖房の場合は冷たい風)が勢いよく出てきます。

その後、5~15分程度で③ドレンホースから水がポタポタと出てくるでしょう。(冷房の場合のみ)

これまでのリセット操作で内部エラーが解消された場合、室外機が止まってしまうことはありませんので、このまま30分ぐらい連続して動き続けていれば、室外機の再始動は完了となります。

3.応急運転ボタンを使ったエアコンの強制起動方法

エアコンの応急運転スイッチ

家庭用のルームエアコンには応急運転ボタンが備え付けられています。

このボタンを使って起動すれば、細かなエラーは無視して、基本的なエアコン動作のみで運転することができます。

応急運転でちゃんと動いた場合は、エアコンは致命的な故障を起こしておらず、ちょっとした不具合が原因である可能性が高まります。

リセット操作を行っても室外機が動かないような場合は、一度、室内機前面パネルを開いたところなどにある「応急運転スイッチ」でエアコンを起動してみるのがいいでしょう。

応急運転スイッチの操作方法はメーカーや型番に異なりますので、詳細についてはエアコンの取扱説明書を読んで頂きたいのですが、ざっくりと以下のような操作方法があります。

  • ボタンを1回押す毎に「冷房」→「暖房」→「停止」の順に切り替わるタイプ
  • その時の室温、外気温により自動的にエアコンが運転内容、温度設定を選択するタイプ
  • 前回の運転内容で運転するタイプ
  • 設定25度の応急運転となり、温度調節などはできないタイプ・・・など

色調べてみてもエアコンがちゃんと動かない場合は、エアコンの説明書を確認したりて、この応急運転スイッチを押してみましょう。

エアコンメーカー別の応急運転ボタン位置

応急運転ボタンの位置がわからない場合は、こちらの記事を御覧ください。

>>【エアコンメーカー別】応急運転ボタン位置と強制起動方法まとめ

4.リセット後もエラーコードが表示される場合

エアコンの室内機に表示されるエラーコード

上記の方法でエアコンを再始動しても、一旦は起動するのだけれどしばらくすると運転がストップしてしまったり、室内機のランプが点滅してしまう(エラーコードが表示される)ような場合、エアコン本体が故障してしまっている可能性があります。

エアコンのランプ点滅は、エアコンに発生している不具合の内容を知らせるエラーコードになっています。

点滅するランプの種類や点滅のパターン、リモコンに表示されている英数字のエラーコード内容を調べれば、どうしてエアコンが止まっているのかを知ることができます。

例)ダイキンエアコン エラーコード U0 → 冷媒ガス異常

以下にエラーコードを調べるために役立つサイトをまとめておきましたので、不具合原因特定の参考にしてみてください。

エラーコードの調べ方(メーカー別)

メーカー
(機種名)
エラーコードの読み取り方
ダイキン
(うるさらなど)
リモコンでエラーコードを読み取る
>>ダイキン製エアコンのエラーコードの読み取り方
パナソニック
(エオリアなど)
リモコン、または室内機の英数字表示からエラーコードを読み取る
>>パナソニック製エアコンのエラーコードの読み取り方
東芝
(大清快など)
リモコンでエラーコードを読み取る
>>東芝製エアコンのエラーコードの読み取り方
富士通
(ノクリアなど)
室内機ランプの点滅パターンや英数字表示からエラーコードを読み取る
>>富士通製エアコンのエラーコードの読み取り方
三菱電機
(霧ヶ峰など)
室内機ランプの点滅パターンからエラーコードを読み取る
>>三菱電機製エアコンのエラーコードの読み取り方
シャープリモコンまたは室内機の点滅パターンや英数字表示からエラーコードを読み取る
>>シャープ製エアコンのエラーコードの読み取り方
日立
(白くまくんなど)
リモコンでエラーコードを読み取る
>>日立製エアコンのエラーコードの読み取り方

【まとめ】エアコンの室外機をリセットする方法

最後にこのページでお伝えしたいことの要点をまとめます。

室外機が動かないケース具体的な対処法
室外機の再始動、エラーリセット方法・コンセントを抜き差しする
・ブレーカーを入り切りする
・1分後に電源を入れ直す
・エアコンが最大能力で動くよう設定する
・室外機を再度チェックする
エアコンを強制起動する方法・応急運転ボタンを押す
エラーが出た場合の対処法・エラーコードの調べ方(メーカー別)で不具合内容を確認する
室外機が全く動かない場合・下記ページを参考に、室外機まわりの点検チェックを行う。

>>室外機が動かない原因と対処法まとめ

タイトルとURLをコピーしました