【エアコン故障!?】室外機が動かない(回らない)原因と対処法まとめ

エアコンの室外機が動かない

エアコンをつけても冷たい風が出てこなかったり、室外機のファンが回っていなかったりすると、もしかして故障してしまったのではないかと驚いてしまうことと思います。

エアコンは熱帯夜が続く真夏に壊れることが多く、そんな時期に修理の依頼やエアコンの買い替えをしようと思っても、エアコンの在庫がなくて機種が限定されてしまったり、取付工事は3週間後なんてことも良くあります。

ただ、そういったトラブルでお客さんに呼び出された時、本当にエアコンが故障してしまって修理や交換になるのは5~6割で、残りはちょっとしたことやお客さんの勘違いでエアコンがうまく動いていなかっただけというケースになります。

エアコンの室外機が動かない原因は故障によるものの場合もありますが、故障でなくても一時的にエアコンの室外機が回らなくなってしまうことがよくあることで、仮にエラーコード(室内機のランプ点滅、リモコンに英数字の表示)が表示されていたとしても、業者を呼ばずに室外機の再始動(リセットボタン、強制運転など)で簡単に復帰することもあったりします。

こういったエアコン故障の難しいところは、エアコンが動いていない原因が故障ではなく、一時的なものかどうか素人ではなかなか判断できないというところなのではないでしょうか?

ちょっとしたことなら、自分でエアコンを再始動することができればサポートや業者の人の無駄な手間を省くことができますし、もし本当に壊れてしまっているのなら早く修理を依頼するなり、新しいものに取り替えるための行動を起こさないと、真夏の暑い時期にエアコンなしの生活を強いられることになってしまいます。

そこで今回は、エアコンの室外機が動かない、ファンが回らない具体的な原因の調査と自分でできる対処復旧方法について、素人でも分かるように写真付きで詳しくお話していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



タイトルとURLをコピーしました