【故障か!?】エアコン室外機からの水漏れの原因とは

エアコンの室外機の水漏れ

エアコン室外機の地面がびしょびしょに濡れているのを見つけた時、「もしかして配管が壊れて水や冷媒ガスが漏れてしまったの?」なんて驚いてしまうことはありませんか?

でも、安心してください。

エアコン室外機から水が出てくるのは通常動作で発生したものがほとんどですので、エアコンがちゃんと動いているのであれば特に問題はありませんので気にしなくてもOKです。

ただ、稀に冷媒のガス漏れや室外機ファンの故障などが原因で室外機からの水漏れが発生していることもあったります。

今回は、そんなエアコン室外機で発生する水漏れの原因とメカニズム、故障の場合の対処法について詳しくお話していきます。

スポンサーリンク

故障ではない室外機から水が出る3つのケース

エアコン室外機からの水漏れは故障した場合に発生する場合もありますが、通常動作でも水を排出することがあります。

その室外機の周りで発生する水漏れのメカニズムは夏場の冷房除湿運転の時と、冬場の暖房運転の時で少し原因が異なっています。

ここではまず、故障ではない室外機で水が発生する3つのパターンについてお話していきます。

  • 夏場の冷房や除湿(ドライ)運転時
    ①室内機で発生した結露水が室外機付近に配置されたドレンホースから出てきているケース
    ②室外機の内部配管で結露した水が地面に垂れてくるケース
  • 冬場の暖房運転時
    ③霜取り運転で室外機のアルミフィンに付着した霜が溶かされて水が出てくるケース

室内機で発生した結露水が室外機付近のドレンホースから出てきているケース(夏場)

エアコンは冷房運転や除湿(ドライ)運転を行う際、室内機の中にあるアルミフィン熱交換器に付着した水分がドレンホースを通って排出される仕組みとなっています。

エアコンドレンパンと結露水排出のイラスト図

エアコンのドレンホースから出てくる水

この室内機に繋がっているドレンホースは室外機のすぐそばに配置されていることが多く、その水が室外機の周りを水浸しにしてしまいます。

ドレンホースの先端が室外機の裏や下に隠れているような場合、室外機から水が漏れているように見えることから、室外機から水が漏れていると思ってしまう場合があります。

このように、冷房や除湿運転を行っている時、室外機の近くに出ているドレンホースから水が出てくるのは通常の動作で故障ではありません。

室外機の周りが水浸しになっている場合、その水がこのドレンホースの先端から出てきたものではないか、一度確認しておきましょう。

室外機の内部配管に結露した水が地面に垂れているケース(夏場)

エアコンは冷房や除湿、ドライ運転をしている時、室外機に接続されている銅配管が冷たくなるため、その配管表面で結露水が発生します。

冷房運転時に配管が水で濡れる

これは真夏に氷水を入れたコップ(冷えた配管)に空気中の水分が付着結露するのと同じメカニズムです。

上記は室外機の外部に見えている配管の例ですが、室外機の内部にある配管の中にも冷えて結露しているものがあります。

その配管に結露した水も室外機の底面に空いている排水用の穴から落ちてきたりします。

エアコンの室外機の水漏れ

このような室外機からの水漏れは故障ではなく、正常な動作の結果発生した結露水が出てきているだけとなります。

エアコンがちゃんと動いて冷えているのであれば故障による水漏れの可能性は極めて低いですので、特に心配することはありません。

なお、この水漏れは夏場にエアコンを作動させた時に必ず発生するというわけではなく、外気の高温多湿や長時間使用などの条件が整ったときだけ発生するということも知っておきましょう。

室外機のアルミフィンに付着した霜が「霜取り運転」で溶かされて出てきている(冬場)

エアコンは真冬の暖房運転時、室外機のアルミフィン部は氷点下にまで温度を下げた状態で動作するため、その部分に大量の霜が付着してしまいます。

エアコンの室外機が動かない

どうして室外機のアルミフィンに水分が付着するのかということについては、真夏に氷水を入れたコップに空気中の水分が付着するのと同じと考えればよいでしょう。

ただし、夏場の氷水が入ったコップの場合は、コップの表面温度は0℃以上であるため付着した水分は液体のままとなります。

ですが、冬場の室外機のアルミフィンの表面温度は氷点下(マイナス5℃程度)まで下がることもありますので、付着した水分はそこでそのまま冷やされて凍ってしまいます。

霜取り運転前の室外機に氷がついたアルミフィン

上の写真は年に2~3回ほど雪がつもるような比較的温暖な地域で、ちょうど雪が降り積もる中、暖房運転を行っているときに撮影したものですが、赤枠で囲われた部分に氷(水ではなく凍っています)が発生し始めています。

これはまだ着氷の程度が軽い方で、例えば寒冷地などで暖房能力が大きいエアコンをフル稼働させているような場合はアルミフィン部が真っ白になるぐらいの霜が発生することもあります。

アルミフィンが大量の霜で覆われてしまった部分は氷に遮られてうまく外気の熱を取り込むことができなくなってしまうため、着霜面積が大きくなればなるほど暖房効率が落ちていってしまいます。

暖房運転時の室外機の霜や氷を溶かす霜取り運転とは?

エアコンの暖房運転中に室外機のアルミフィンに霜や氷がたくさんついてしまうと効率よく暖房運転できなくなってしまうため、エアコンは定期的に「霜取り運転」を行い、アルミフィンについた霜や氷を溶かしています。

霜取り運転では、暖房運転中に一時的に冷房運転に切り替えて、室内機に送っていた熱い冷媒ガスをわざと室外機の熱交換器に送りこむことで、アルミフィンを温めて氷を溶かしていきます。

暖房運転時の冷媒ガスの流れ

エアコンの暖房時の冷媒ガスの流れ

除霜運転時の冷媒ガスの流れ

エアコンの冷房時の冷媒ガスの流れ

この霜取り運転は、暖房運転中1~2時間毎に10~15分程度行われるのが一般的です。

  • 暖房運転開始
  • 暖房運転(1~2時間)
  • 霜取り運転(10~15分)
  • 暖房運転(1~2時間)
  • 霜取り運転(10~15分)
  • 暖房運転

霜取り運転中は暖房運転をしていたのに急に室内機の風が止まったり、微風の冷たい風が出てきたりするため「あれっ、もしかして故障なの?」って思う人もいると思います。

このタイミングで室外機の方を見てみると室外機からも水が漏れてきているため、これは完全にエアコンが故障してしまったと勘違いしてしまいます。

ですがそれは正常な動作で、霜取り運転を行っているだけのことがほとんどです。

霜取り運転中のエアコン各部の動作状態は以下の通りとなります。

霜取り運転中の各部動作の状態

暖房運転霜取り運転
(1~2時間に1回15分程度)
室内機の
吹出温度
高温低温
室内機の
ファン動作
ONOFF
室外機の
ファン動作
ONOFF
(微風)
室外機の
圧縮機動作
ONON
室外機からの
排水
なしあり

この霜取り運転中は、アルミフィンについていた氷が一気に溶けだし、その溶けた水が室外機の底面からジャバジャバと出てきます。

実際に霜取り運転中に出てきた水をバケツでキャッチし、ペットボトルに移してみた結果、一日あたり200~300mLの水が室外機の底面の穴から出てきました。

室外機の下にバケツを設置

バケツの中に溜まった水

除霜運転でエアコン室外機から出た水

このように冬場の暖房運転中、1~2時間に一度の頻度で室外機から水が漏れてくるのは、霜取り運転という室外機についた霜を溶かすための正常な動作ということになります。

エアコンが本当に故障した場合はエアコン本体やリモコンなどにエラーコードが表示され、更に15分以上経過しても室内機と室外機は完全に停止したままの状態となるはずです。

冬場のエアコン室外機からの水漏れは、ほとんどの場合はこの霜取り運転が行われているだけとなります。

まずはしばらく様子を見てみて、再び室内機から温風が出てきたのであれば故障ではないですので安心してください。

霜取り運転時に上記のような量ではなく、水道をガバッと開けたような量の水がしばらく出続けてしまう場合、室外機ファンに異常が発生している可能性があります。この点については記事後半の方で詳しく解説しています。

ちなみに、エアコンの室外機が高いところに取り付けられていたりして水が降ってくるのを避けたい場合や、室外機の周りが水浸しになるのをどうにかしたいという場合、室外機の底面にドレンホースを取り付けて別の場所に排水するという方法があります。

ドレンプラグとドレンホース

エアコンの室外機にドレンホースを取り付ける

こうすることによって冬場の霜取り運転中の排水を別の場所に流すことができますので、参考にしてみてください。

>>エアコンの室外機に排水用ドレンホースを取り付ける方法

故障が原因で室外機から水漏れする2つのケース

これまではエアコン故障ではないケースのお話をしてきましたが、ここからは故障によって室外機から水漏れが発生するケースについてお話していきます。

故障によって室外機から水漏れが発生するのは、主に以下のパターンとなります。

  • 夏場の冷房、除湿、ドライ運転時
    ①冷媒ガス漏れによる室外機側配管への着氷がエアコン停止時に溶け出すケース
  • 冬場の暖房運転時
    ②室外ファン故障によって霜取り運転時に大量の水が漏れ出してくるケース

室外機側配管に付着した霜がエアコン停止時に一気に溶け出すケース(夏場、ガス漏れ)

何らかの原因でエアコンの銅配管内に充填されている冷媒ガスが漏れ出してしまった場合、冷房運転時にエアコン室外機付近の配管に霜や氷が大量についてきます。

エアコンガス漏れで配管に霜がつく

ガス漏れしたエアコンを長時間動かしていた場合、この配管についた霜は成長してどんどん大きくなっていくため、エアコンを停止するとここについていた氷が一気に溶けだして室外機の下が水浸しになることがあります。

このようなメカニズムで室外機から水漏れが発生している場合は、冷媒ガスが抜けてきている可能性があります。

ガス漏れしていないエアコンの場合、配管表面に露(水滴)がつくことはありますが霜(氷)が発生することはありません。

冷媒ガス漏れに関しては、エアコン側でエラーコードを出す機種と、冷媒が漏れてしまってもそのまま運転をし続ける機種のどちらも存在しますので、意外にガス漏れに気づかないままエアコンを使い続けているケースもよく見かけます。

ガス漏れ有無の判断方法

ガス漏れの有無を判定する方法としては、プロの場合はゲージマニホールドという圧力計を使ってガス圧を測定していくのですが、素人の場合はエアコン室内機の吸込空気温度(室内機上部の温度)と吹出空気温度(室内機の吹出口から吐き出される風の温度)の差が正常範囲にあるかどうかでガス漏れの簡易確認が可能です。

  • 吹出吸込温度差;8~13℃が正常(冷房運転)
  • 吹出吸込温度差;16~23℃が正常(暖房運転)

エラーコードが出ていないにもかかわらず、冷房運転時の室内機吸込吹出温度差が8℃以下しかないような場合はエアコンガスが漏れている可能性が高いと考えていいでしょう。

具体的な温度測定方法としては、写真左側ような温度計(ホームセンターで2000円ぐらいで購入できる、本体部とセンサー部の2箇所で温度を測定可能)を使ったり、写真右側のよう非接触タイプの温度計(約2000円)を使って測定するのがいいでしょう。

冷媒ガス補充で使った温度計

エアコンの吸込み温度を測定

このようにエアコンの吸込温度と吹出温度を測定し、その温度差が小さければエアコンの冷媒漏れが原因だと判断していくことができます。

主なガス漏れの発生場所

エアコンガス漏れの原因の多くは配管接続部からの冷媒漏れとなります。

家庭用のエアコンはフレア加工を施した銅管をフレアナットで締め付けながら圧着接続する方式を採用しています。

エアコン配管の継ぎ手を離した状態

この接続方法は、フレア加工した銅管をフレアナットで締め付けて変形させながら圧着させるため、基本的には冷媒漏れが発生しにくい構造になっています。

ただ、完全完璧にガスがもれない構造ではないため、稀に施工不良や中古品購入、引っ越しなどでの配管の使い回し(フレア加工部の再使用)、配管を接続したままエアコンを動かしたなどが原因で、接続不良を起こして冷媒が漏れてしまうことがあります。

家庭用エアコン場合、冷媒漏れを起こしやすい冷媒配管の接続部は室内機側と室外機側の2箇所となります。

室内機側の配管接続部

室内機裏側の配管接続部

エアコン配管の接続部

室外機側の配管接続部

室外機側の配管接続部

稀に海岸地域(塩分が多い)や温泉地(硫黄が多い)、下水配管に直接ドレンホースを取り付けている(アンモニアなどが多い)ような場合、銅配管の腐食により穴が空いてしまい、そこから冷媒ガスが漏れていることもあります。

冷媒ガス漏れの修理費用の相場

エアコンガス漏れの修理費用の相場は、ガスチャージだけだと1.5~2.5万円程度ですが、ガス漏れの原因によってはフレア加工のやり直しや配管の溶接修理が必要なケースもあり、その場合は修理費用が4~10万円になってしまうこともあります。

室外機水漏れの原因がガス漏れであった場合は、修理の現地見積の段階でしっかりと業社の人とやり取りし、修理にどれだけ費用がかかりそうか確認しておくことをおすすめします。

霜取り運転時に通常より大量の水が出てくるケース(冬場、室外ファン異常)

この記事の前半部分で、冬場のエアコンが暖房運転を行っている時、1~2時間に一度の霜取り運転によって室外機から水が漏れてくるのは故障ではなく正常な動作であるという説明をしてきました。

ただ、暖房の霜取り運転のタイミングで一日に200~300mLというレベルではなく、水道の蛇口をガバっと開いたぐらいの水がしばらく出続ける症状が出ることがあります。

これは室外機ファンが何らかの原因で回らなくなってしまった時に発生する症状です。

エアコン室外機のファンモーターの故障

暖房中に室外機のファンが止まってしまうと室外機のアルミフィンだけが極端に冷やされてしまい、その部分に普段よりも大量の霜が付着していきます。

この状態で霜取り運転となった場合、アルミフィンについた大量の霜が一気に溶けて落ちてくるため、水道の蛇口を開けたぐらいの勢いで室外機から水がドバドバと出続けることがあります。

暖房運転中に室外ファンが回らなくなる原因

暖房運転中に室外ファンが回らなくなってしまう原因は、主に2つあります。

1つ目の原因は、室外ファンまたはファン駆動回路(基盤)が故障してしまったというケースです。

こういった部品が故障して室外ファンが回らなくなった場合、室内機側でエラーコードが表示され、その後はエアコンが全く動かなくなっていきます。

2つ目は、室外ファンになにか異物が挟まってしまってファンが回らなくなるというケースです。

この原因については、子どもがイタズラで室外機ファンのところに棒を突っ込んでしまっていたり、室外機のパーツが壊れて挟まっていたりというようなケース以外にも、氷点下以下で暖房運転を行った場合に除霜運転で溶けた水が室外機の中の底部で再び凍ってしまい、その氷がファンのところまで成長接触してファンが回らなくなるということもあります。

寒冷地仕様のエアコンには室外機底部にヒーターが設置されているためそのようなことはあまり起こらないのですが、標準仕様のエアコンを氷点下以下で使用した場合に稀に見られる症状です。

室外機のファンが止まってしまった場合、室内機側でエラーコードが出て止まるエアコンが多いのですが、一部機種ではファンが止まっていても最初の数回はエラーが出ないようになっていたりする場合があります。

暖房の温まりが弱くて、室外機から大量の水が出ているような場合は、室外機のファンが何らかの原因で止まってしまっている(異物が挟まっている、霜が成長してファンにあたっているなど)可能性がありますので、一度チェックしてみてください。

室外ファンの修理費用の相場

室外ファンの修理費用の相場は、ファンモーター交換がおおよそ15,000~30,000円、基盤交換の場合もほぼ同額の15,000~30,000円となることが多いでしょう。

ファンモーター異常であるかどうかの判定については、基本的にはエアコン本体やリモコン部に表示されるエラーコードと、運転時にファンが回っていないことを確認することでおおよそ判断ができます。

最後に一言

今回は、【故障か!?】エアコン室外機からの水漏れの原因とはについてお話しました。

基本的には、エアコンの室外機からの水漏れは正常動作によるものとなりますので、エアコンが効かない(冷えない、暖まらないなど)ということがなければそのままにしておいても大丈夫です。

ただし、冷房運転時に室外機の配管に霜(氷)がついていたり、暖房の霜取り運転時に室外機から大量の水が出てくるような場合、冷媒ガスが漏れていたり、室外ファンが故障していたりする可能性がありますので、業者に点検や修理を依頼することをおすすめします。

なお、エアコン水漏れ修理業社の選び方のポイントをこちらの記事で紹介していますので、初めてのエアコン故障でどこに修理を依頼すればいいのか分からず困ってしまっている場合は是非参考にしてみてください。

>>エアコン水漏れ修理業者の選び方のポイント

おすすめのエアコン水漏れ修理業者
町の電気工事屋さん

◎最短30分のスピード対応
◎見積もり無料(対応エリア内)
○取扱メーカーはパナソニック、シャープ、ダイキン、富士通、日立、東芝のみ
✕一部未対応エリアあり(WEB見積時に要確認)

【サービス】
エアコン修理全般(水漏れ含む)に対応。夜間修理可能。不要なエアコン買替提案なし。第二種電気工事士が在籍の地元の電気工事業者を紹介。

ユアマイスター

◎地元のエアコンクリーニング業者が多数登録
◎水漏れ対応可否の問合せ無料
✕電話での見積問合せ不可
✕部品交換やガス充填などが必要となる修理は対応不可

【サービス】
エアコン水漏れの約8割の原因を占める排水経路詰まりはエアコンクリーニング業者でも修理可能。WEBフォーム(備考欄)で水漏れ修理対応可能か聞いてみよう。

タイトルとURLをコピーしました