【故障か!?】エアコンがつかない原因と対処法まとめ

つかない(動かない)
t.tamaki
T.Tamaki (Electrician)


エアコンがつかない原因と対処法

リモコンを操作してもエアコンがつかなかった時、もしかして故障してしまったのかと不安になってしまいますよね。

このようなエアコントラブルはちょっとしたことが原因であることが多く、お家で簡単に対処できることあるということをご存知でしょうか?

今回は、エアコンがつかない、動かない、反応しないというようなトラブルの主な原因と具体的な対処法について、詳しくお話していきます。

室内機の運転ランプが点滅したまま動き出さない場合は、こちらの記事「エアコンランプが点滅して動かない原因と対処法」が参考になります。
スポンサーリンク

エアコンの電源が入らなくない場合のチェック項目

エアコンの電源が入らず、室内機が全く反応しないという症状は、故障以外にもちょっとしたことが原因であることがよくあります。

エアコンが動かなくなってしまって驚いていることと思いますが、まずは深呼吸してリモコンやコンセント、ブレーカーなどを確認していきましょう。

リモコンの電池が切れていませんか?

リモコンを操作してもエアコンがつかない

昨日までちゃんとエアコンが動いていたのに、急にエアコンがつかなくなった場合、エアコン本体ではなく、リモコンのほうが故障している可能性があります。

例えば、最近リモコンの液晶に表示されていた文字が薄くなってきていたとか、リモコンをエアコンに近づけないと操作できなくなってきていたという場合は、リモコンの電池切れを疑ってみましょう。

まずリモコンの電池を新しいものに2本とも交換し、リモコンにリセットボタン(リモコン誤動作防止のため)をボールペンや爪楊枝などで押します。

リモコンの電池を交換しリモコンをリセット

そして、電池交換したリモコンでもう一度エアコンを作動させてみてください。

これでエアコンが動き出せば、エアコンが動かなかった理由はリモコンの電池切れだったということになります。

ちなみに、リモコンの電池交換の際に電池が液漏れしていて、リモコンの端子部分に緑色のサビなどが発生していた場合、そのままだと電池交換しても電気が通らずリモコンが使えないことがあります。

電池の液漏れで汚れたリモコン端子

この場合の対処法としては、小さなマイナスドライバーや金ヤスリ、ティシュペーパーなどを使って汚れを取り除けば、再び電気が通ってリモコンがが使えるようになります。

リモコンの電池交換をしてもエアコンが反応しない場合は、リモコンの発光部をスマホカメラなどで撮影してみて、リモコン操作した際にちゃんと赤い光がピカピカ出ているか確認してみましょう。

エアコンのリモコン故障の赤外線をスマホで確認

iPhoneの場合は背面カメラには赤外線の光が写りませんので、インカメラの方で確認してみてください。

この方法でリモコンの赤外線の発光が見られない場合、リモコンの故障がエアコンがつかない原因となります。

一部のエアコンのリモコンには、一部屋に複数のエアコンを設置した場合などに使う「信号切替」機能があります。誤ってリモコンにある信号切替ボタンを押してしまった場合、リモコンから赤外線は発せられているけれども、赤外線信号のチャンネルが変わってしまって本体側がその信号を認識しないというケースもあります。子どもがリモコンで遊んでいたりしたのを見かけた場合は、そういった機能もチェックしておきましょう。

リモコンが壊れた場合は買い換えが一般的で、純正品(純正リモコンの相場;4000~6000円程度、ヤフオクやメルカリでリモコン型番から同じものを探しだせば安く手に入る場合もある)か、家電量販店などで売られている汎用リモコン(どのメーカーのエアコンでも操作できる汎用品、1000~2000円)のどちらかで購入するかたちとなります。

汎用リモコンでエアコンを操作

リモコンが故障しているだけであれば、リモコンを買い換えればまたエアコンが使えるようになりますので、下記の記事を参考に新しいリモコンを入手していきましょう。

>>【リモコン故障】DIY修理や買換方法、エアコンの応急運転方法まとめ

コンセント抜けていませんか?

冷房や除湿を使い始める夏先や暖房を使い始める秋頃の場合、シーズンオフにエアコンのコンセントを抜いたままリモコンの操作をしている事があります。

エアコンのコンセントが抜けている

家庭用のルームエアコンの場合、コンセントは室内機側に一つだけしかありませんので、室内機側のコンセントがしっかり挿さっているかどうかを確認してみてください。

なお、コンセントのすぐそばにある緑色の線はアース線といって、エアコンが故障(漏電)した際に、感電してしまわないように、また家の漏電ブレーカーが自動的に落ちるようにするような機能となっています。

アース線は取り付けられていなくてもエアコンは動作しますが、安全のためにも取り付けておくのが基本となります。

通常このアース線に電気は流れていませんので、コンセントと一緒にこちらも取り外されているような場合は、コンセントを挿入する前にプラスドライバーなどでコンセント下の取り付け部にアース線を接続しておきましょう。

エアコンのアース線を固定しているネジ

ブレーカーが落ちていませんか?

エアコンのコンセントは刺さっているのだけれどエアコンが動かない場合、エアコンのコンセントに電気が来ていない(ブレーカーが落ちてしまっている)可能性があります。

エアコンのコンセントに適当な家電製品のプラグを挿入してみて、ちゃんとコンセントに電気が来ているかどうか確認してみましょう。

もし、コンセントに電気が来ていないようであれば、分電盤中にあるエアコンのブレーカースイッチが落ちている可能性があります。

エアコンのブレーカーが収められている箱

分電盤の中のエアコン専用のブレーカー

エアコンのブレーカーだけ切ってある(切れている)場合、上記のような感じになっている「◯(開放、つながっていない)」と思いますので、そのスイッチを上に押し上げてエアコンのコンセントに電気を流してあげましょう。

エアコンのブレーカーがON

なお、エアコンのコンセントを差したり、エアコンを作動させたりした時に、こういった場所ごとのブレーカーではなく、大元のブレーカーの方が落ちたりする(家中が停電になる)こともあります。

エアコンで大元のブレーカーが落ちる(漏電)

この主幹ブレーカーが落ちるときというのは、エアコンと同時に電子レンジやIHクッキングヒーターなどを使ったというような電気の使いすぎが一番の原因ですので、消費電力の大きな電化製品を使わないようにしていきましょう。

これ以外に、特にそのような電気の使いすぎはないにもかかわらず、エアコンを使おうとするとこのブレーカーが落ちて家中が停電になってしまうこともあります。

これはエアコンが故障して漏電を起こした場合に、主幹ブレーカー(漏電ブレーカーの機能も内蔵している)が落ちている状態となります。

エアコンのコンセントを差して電源を入れようとした時だけこの主幹ブレーカーが落ちて家中が真っ暗になってしまうという場合は、エアコンが漏電故障した可能性が高いですので修理や買い替えが必要です。

次のページでは、エアコンが途中からつかなくなる場合の対処法や本体リセットの方法についてお話していきます。

スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました