掃除機を使ってエアコンの水漏れを直す方法

エアコン水漏れ修理掃除機を使ってドレンホースのつまり除去水漏れ
スポンサーリンク

サクションポンプをドレンホースに差し込んだ

エアコンを使っているとき、急に室内機から水が漏れてきたら本当に驚いてしまいますよね。

しかも、こういった水漏れ故障が起こるのは熱帯夜が続く真夏日に発生することが多く、「エアコンが使えなくなって部屋が暑くて我慢できない・・・。」、「どうにかして早くこのエアコンを修理したい!」と思っている人が多いのではないかと思います。

こういった突然発生するエアコン水漏れの約8割はドレンホース(蛇腹状の白っぽい色をした排水用のホースのこと)の詰まりが原因で、メーカーサポートや地元のエアコン修理業社に修理をお願いするのが一般的です。

ただ、ここで一つ知っておいてほしいことがあります。

それは、このドレンホースの詰まりが原因の水漏れ野場合、家庭用の掃除機を使えば自分でも簡単に修理することができるということです。

この方法でドレンホース内の詰まりが取れれば、室内機からの水漏れは解消されるため、またすぐにエアコンを使い始めることができます。

今回は、この掃除機を使ったドレンホース掃除の方法や、ドレンホース詰まりを予防する方法まで詳しくお話していきます。

クーラー(冷房専用、窓用など)の場合も構造メカニズムはエアコンとほとんど同じですので、この記事の内容を参考にしていただけます。

スポンサーリンク

エアコン水漏れの主な原因(ドレンホースつまり)とは?

エアコンドレンパンと結露水排出のイラスト図

まずはじめに、どうしてドレンホースが詰まってしまうとエアコンから水漏れが発生するのかということについてお話していきます。

エアコンの室内機の中にはアルミフィン熱交換器という部品があり、冷房や除湿、ドライ運転をした場合、この部分がキンキンに冷えて冷たくなって大量の結露水が発生しています。

ここで発生した結露水はドレンパン(ドレン皿)というパーツで受け止められた後、ドレンホースを通って室外に排出される構造になっています。

エアコンの結露水の排水経路(ドレンパン、ドレンホース)

夏場、屋外に設置されている室外機あたりのドレンホースの先端からポタポタと出てきている水は、室外機で発生したものではなく、室内機の方で発生した結露水ということになります。

エアコンから出るドレン水

例えば、真夏日にルームエアコンで冷房運転を行った場合、一日あたり数リットルから十数リットルもの結露水がドレンホースから排出されています。

ドレンホースの中に汚れが詰まって水漏れする

何らかの原因でこのドレンホースが詰まってしまった場合、室内機で発生した結露水がドレンパンから溢れてしまい、それがエアコンからの水漏れの原因となります。

ドレンホースが詰まってしまっている場合の水漏れ症状としては、室内機の吹出口やルーバー、底面、エアコン取り付け部の壁面辺りから水漏れが発生することになります。

エアコンからの水漏れ場所

この場合の水漏れの量としては連続的にポタポタと水滴が漏れ出てくるイメージとなります。

スポンサーリンク

エアコン水漏れの応急処置手順

エアコンからの水漏れ修理の相場

エアコンから水が漏れてきた場合、驚いて混乱してしまうことと思います。

ただ、漏れた水をそのままにしてしまうと床や壁、家具などを痛めてしまうこともありますので、まずは一旦落ち着いて、下記の手順で水漏れに対処していきましょう。

エアコンをOFFにする

エアコンから水が漏れたら電源をOFF

エアコンの水漏れが発生したらまずは一旦エアコンの電源をリモコンでOFFにします。

エアコンの運転が止まればこれ以上エアコンから水が出てくることがなくなりますので、水漏れの被害を最小限に抑えることができます。

エアコンの電源コードを抜き取る

エアコンの電源を抜く

エアコンの電源コードがコンセントに差さったままだと、水漏れの対処中に感電してしまう可能性があります。

電源コードの周りが水で濡れていないことを確認し、電源コードを抜き取っておきましょう。

ただし、電源コードやコンセントの周りも水で濡れてしまっている場合は感電する恐れがありますので、絶対にコンセントには触れないようにしてください。

分電盤の中のエアコンブレーカー

この場合は、分電盤の中にあるエアコンコンセントに繋がるブレーカーを落としてエアコンに流れる電気を遮断していきます。

ルームエアコンの場合、電源は室内機側のコンセントのみとなっていますので、ここまで作業ができたらエアコンに電気は流れていないことになります。

作業に不安な場合は無理して作業せず、この応急処置の項目を読み飛ばしてエアコン水漏れ修理の具体的な流れの部分をご覧ください。

エアコンの下に置かれているものを移動する

水漏れを起こしているエアコンや本体に繋がっている配管の中にはまだたくさんの水が溜まっている可能性があります。

エアコンを停止させて一旦は水漏れが収まっても何らかの拍子で溜まっている水が漏れてくる可能性がありますので、エアコンの水漏れ修理が完全に終わるまでは配管の下に置かれている家具家電を別の場所に移動させておきましょう。

垂れてきた水を拭き取る

エアコンから漏れてきた水を拭き取る

バケツや雑巾を準備して、床や壁などに垂れた水を拭き取ります。

また、エアコンが完全に停止してしばらくの間(5~10分程度)は水が漏れてくる可能性がありますので、その場を離れないようにしましょう。

特に壁や床は濡れたままにしておくと傷んで修理が必用になることもありますので、水気をしっかりと拭き取っておいてください。

なお、エアコン本体についている水滴については、感電の危険がありますので、エアコンのコンセントを抜くことができている、またはエアコンコンセントのブレーカーを切る事ができている場合以外は、拭き取らないでそのままにして業社の人に処理してもらいましょう。

管理会社や大家さんに連絡する(賃貸住宅の場合のみ)

一通りの応急処置が終わったら、次はエアコン水漏れの修理依頼をしていく必要があります。

持ち家のエアコンが壊れた場合の修理費用は自己負担が基本(保証が残っている場合は別)となりますが、もともと賃貸住宅(アパート、マンション、借家)などに取り付けられていたエアコンが故障した場合は、管理会社や大家さんの負担になることもあります。

賃貸住宅の場合、勝手に修理を依頼してしまうと修理費用が自己負担になってしまうこともありますので、まずは管理会社や大家さんに連絡することからはじめていきましょう。

賃貸住宅などでの水漏れトラブルを放置してしまうと、壁や床が傷んでしまって余計な修理費用が発生する可能性もありますので、早め早めに対処するのが鉄則です。

賃貸アパートなどで部屋を借りた場合、借りた側の人には「部屋を良好に保つ」義務が発生します。水漏れを放置して部屋にダメージを与えてしまうと、退去時に修繕費用を請求される可能性がありますので注意が必要です。
スポンサーリンク

ドレンホース詰まりの主な原因

ドレンホースが詰まってしまう主な原因は、汚れや土、虫などの異物がドレンホースに詰まってしまうケースや、ドレンホースが折れたりねじれたりするケースが一般的です。

このドレンホース詰まりの具体的な原因について詳しく見ていきましょう。

ドレンホースに異物が詰まってしまったケース

ドレンホースの中に汚れが詰まって水漏れする

ドレンホースに異物が詰まってしまうと、室内機で発生した結露水がドレンパンから溢れてエアコンからの水漏れが発生します。

このドレンホース詰まりを引き起こす原因物質の具体例を紹介しておきます。

室内機で発生したホコリやカビ汚れが詰まる場合

室内機アルミフィンなどで発生したカビやホコリなどの汚れ、ドレンパンで発生したスライム汚れ(微生物の死骸)などがうまく室外に排出されず、ドレンホース内で詰まってしまうことがあります。

エアコン洗浄スプレーでフィンのカビ汚れを取り除く

設置から10年以上経過したような古いエアコンや、エアコン洗浄スプレーなどを使ったDIY掃除を行った事がある場合に多い傾向があります。

エアコン洗浄スプレーは汚れを落とす洗浄力は強いものの、落とされた汚れを室外に排出するために必要となる水量が足りていないものがほとんどです。エアコンの中の汚れがひどい場合は、プロにエアコンクリーニングをお願いすることで、エアコンの水漏れを予防することができます。

ドレンホースから侵入してきた虫の死骸が詰まる場合

ドレンホースの先端から入ってきた昆虫(コガネムシやハチ、ゴキブリなど)がホース内で死んでしまい、それがドレンホースを詰まらせてしまうことがあります。

ドレンホースの先端が地面についてしまっていると虫がドレンホースに侵入しやすい環境になってしまいますので、ドレンホースの先端は地面に接触しない状態(宙ぶらりんの状態)にしておくのがベターです。

エアコンドレンホースの先端を地面から離す

この他に、ドレンホースの先端に専用のドレンキャップやガーゼ、ストッキングなどを取り付けておくことで、ドレンホースへの害虫の侵入を防ぐことができます。

ドレンホースの先端にキャップを付ける

エアコンドレンホースの先端にネットを取り付けて害虫の侵入を防ぐ

ただし、取り付けたキャップやネットが原因で詰まりが発生することがありますので、このネットは1年毎を目安に交換する必要があります。

基本的には、ドレンホースを地面から離して設置するようにすれば昆虫の侵入はある程度防止することができますので、ここまでの対策をしなければならないことは殆どありませんが、ご参考まで。

エアコンの据付工事説明書には、ドレンホースの先端を地面から50mm以上離しておくことが記載されていします。

ドレンホースが潰れてしまっているケース

ドレンホースが詰まってしまう原因はホースの中で異物が詰まってしまうだけではなく、ホースそのものが折れたりしてしまっていることもあります。

例えば、ドレンホースの先端に植木鉢などの重量物が置かれていたりしてホースが潰れて排水ができなくなっていることがあります。

エアコン水漏れドレンホースの先端が塞がっている

また、エアコン配管が壁から出てくる部分や配管カバー飲まがり部などで冷媒配管など下側にドレンホースが配置されているような場合、ドレンホースが潰れて詰まりを引き起こすケースもあります。

エアコンドレンドレンホースが潰れて水漏れ

施工直後はドレンホースの変形が小さいため正常にドレン水が排水されますが、設置から数年が経過してくると冷媒配管などの重さの影響で徐々に潰れてきて汚れが溜まりやすくなり、最終的には水漏れに至ることがあります。

ドレンパン出口部分が詰まったケース

ドレンホース内での詰まりではないのですが、同じ排水経路の詰まりでまれにあるのが、室内機の中に取り付けられているドレンパンというパーツの排水出口部分(ドレンホースと接続する部分)で詰まりが発生するというケースです。

エアコンドレンパンと結露水排出のイラスト図

ドレンパンの出口部分は害虫などの侵入を防ぐため、排水経路の内径が小さくなっている部分があり、そこで詰まりが発生してしまうことがあります。

ドレンパンから溢れた水が漏れてくる

ドレンパン出口部の詰まりによる水漏れの場合も、ドレンホース内で詰まりが発生した場合と同じような水漏れ症状となるため、どちらが原因であるか判断するのが難しいのが実際です。

ただ、圧倒的に発生事例数として多いのはドレンホースの詰まりですので、基本的にはそちらが詰まっているという前提で修理作業を進めていき、どうしても水漏れが治らない場合はドレンパンからの水漏れを疑っていくという流れになります。

スポンサーリンク

掃除機を使ったドレンホース掃除の方法

エアコンの水漏れ原因の約8割はドレンホースのつまりが原因となっています。

本格的な詰まりの場合は業社に依頼しなければなりませんが、ちょっとした詰まりであれば自分でも簡単に掃除して取り除くことができます。

DIYが得意な人は一度試してみてもいいのではないかと思います。

掃除機でつまりを取る場合の作業手順

まず、ドレンホースの先端に目の荒い布やストッキングタイプの生ゴミフィルターなどを輪ゴムで取り付けます。

ドレンホースに取り付けるネット

ドレンホースの先端に取り付けたネット

これは、ドレンホースの詰まりが取れた際に水分を含んだ異物が一気に出てきて、掃除機の中に吸い込まれてしまわないようにするための工夫です。

そして、ドレンホースの先端を上に向けて片手で握り、その手の上に掃除機の吸込口を押し当てます。

ドレンホースを上に向けて手で握る

掃除機の先端をドレンホースに押し当てる

この時、ドレンホースを下向きや横向きにして掃除機を押し当ててしまうと詰まりが取れた時、掃除機が大量の水を吸い込んでしまい、最悪の場合掃除機が故障してしまう可能性があります。

必ず、ドレンホースは上に向けた状態で、掃除機を上から押し当てるという形で行うようにしましょう。

ドレンホースの詰まりが取れた時、一気に水が流れて来るのがドレンホースを持っている手の感触でわかりますので、その瞬間に掃除機を取外します。

つまりが取れた後はエアコン(冷房運転)を始動し、20~30分ぐらい後にドレンホースから水滴がポタポタと連続して出ていれば、水漏れ修理は完了です。

ドレンホースの詰まりはサクションポンプや掃除機以外にも長めの散水ホース(汚水を吸ってしまわないような長さのもの)を使って口で吸ってみたり、吸引力は弱いですが、灯油ポンプを使ったりする事もできます。本当にちょっとした詰まりであればそういったもので対処することも可能ですが、本格的な詰まりの場合はサクションポンプといった専用工具を使ったほうがいいでしょう。
スポンサーリンク

サクションポンプを使ったドレンホース掃除の方法

先程は家庭用の掃除機を使ったドレンホース掃除の方法をご紹介しましたが、掃除機の代わりにサクションポンプと呼ばれる専用工具を使ってドレンホース掃除をすることもできます。

サクションポンプのほうが掃除機よりも吸引力がありますので、掃除機で詰まりが取り除けなかった場合にためしてみるのがいいでしょう。

ドレンホース詰まり掃除に使うサクションポンプ

サクションポンプでエアコンのドレンつまり解消

エアコン水漏れ修理でよく登場するのが、サクションポンプ(手動式真空ポンプ)です。

室外側のドレンホースの先端にサクションポンプを差し込み、勢いよくレバーを引っ張ることでドレンホースやドレンパンに詰まっている汚れや水分を一気に吸い出すことができます。

このサクションポンプは、ホームセンターやネットショップなどで2000円前後で販売されていますので、DIYが得意な場合は水漏れ修理に挑戦してみるのもいいでしょう。

ドレンホース掃除の手順

まず、エアコン室内機の吹出口周りにビニール袋をかぶせていきます。

エアコン水漏れ修理でビニール袋をエアコンの吹出口に取り付け

これは作業中に水が逆流して室内機から溢れてきたときに部屋に水が溢れてこないようにするための対策となります。

念のため、室内機の真下の床あたりに雑巾などをたくさん準備しておきましょう。

次に、サクションポンプを室外機のドレンホースの先端に挿入します。

サクションポンプをドレンホースに差し込む

サクションポンプをドレンホースに差し込んだ

サクションポンプの使い方のポイントは、引っ張るときは素早く、押すときはゆっくり操作するか、サクションポンプを取外して押すことです。

というのも、速いスピードで押し込んでしまうとドレンホースにたくさんの空気が一気に吹き込まれてしまってたまっている水が逆流し、室内機から水が漏れてきてしまうことがあるからです。

ですので、サクションポンプを操作するときは、引っ張るときは素早く、押すときはゆっくり、または取外して行うことを意識して作業していきましょう。

レバー動作動作
スピード
理由
引っ張る早く詰まりを勢いよく
吸い出すため
押し込むゆっくり
(または取外して)
水が逆流して
エアコンから漏れる
のを防ぐため

何度かサクションポンプを操作して詰まりが取れると、突然スルッと引っ張るのが楽になり、ドレンホースからサクションポンプを取り外すと汚れや水がドバーッと流れ出してきます。

このような状態になったらドレンホースの詰まりは取り除くことができたということになりますので、一度エアコンを冷房運転で動かしてみて水漏れが直ったかどうか確認してみてください。

エアコン起動から20~30分経過後、ドレンホースから水滴がポタポタ落ち始めることを確認することができれば、ドレンホースの掃除は修理完了です。

スポンサーリンク

ドレンホース詰まりの2つの予防方法

エアコン水漏れ故障のほとんどはこのドレンホースの詰まりが原因となっています。

急にエアコンが使えなくなってしまうと本当に困ってしまうため、水漏れを未然に防ぐ方法を知りたい方も多いのではないかと思います。

ドレンホースの詰まりは定期的な点検やエアコンクリーニングを行うことで予防することができます。

ただ、少しやり方を間違ってしまうと逆につまりを誘発してしまうことになりますので、どういう風にメンテナンスしていけばいいのかということについてお話していきます。

定期的なエアコンクリーニングで水漏れ予防

ドレンホースの詰まりの多くは、室内機内部で発生するスライム状の汚れがうまく排出されず、ドレンホース内にとどまることが原因です。

特に、最近ホームセンター等でよく見かけるエアコン洗浄スプレーなどを使って室内機のアルミフィンを掃除したりしてしまうと、落とされた汚れがうまく流れていかず水漏れを引き起こしてしまうというケースが目立っています。

エアコン洗浄スプレーでフィンのカビ汚れを取り除く

エアコン洗浄スプレーは洗浄力は強いものの、水量が少ないため、落ちた汚れをうまく室外まで排出することができないというデメリットがあります。

アルミフィンについた汚れがひどい場合はこういったものを使って掃除するのではなく、プロに頼んで大量の水で汚れをしっかり洗い流してもらうのがベターです。

エアコン洗浄機でアルミフィンのカビ汚れ落とし

ドレンホースの点検で水漏れ予防

ドレンホースの詰まりは、エアコンで発生する汚れ以外にもドレンホースの変形や設置状況によって起こりやすくなることがあります。

例えば、ドレンホースの先端が地面まで届いてしまっていると、そこから虫が入ってドレンホースを詰まらせてしまうことがあります。

エアコンドレンホースの先端が地面についている

ドレンホースの先端は地面から離して取り付けるのが基本となっていますので、この辺りは一度チェックしておきましょう。

エアコンドレンホースの先端を地面から離す

この他に、ドレンホースの折れやねじれによって排水経路が細くなってしまうことも詰まりを誘発してしまいます。

よく見かけるのは、エアコンの配管経路の曲がり部などでドレンホースが他の配管に潰されてしまうというケースです。

エアコンドレンドレンホースが潰れて水漏れ

ドレンホースは蛇腹状になっていて変形には強い形状となっていますが、このような感じで長期間にわたって強い力を加えられ続けると、徐々に徐々に変形していきます。

この潰された部分は汚れが溜まりやすくなりますので、こういったドレンホースの曲がり部分も2~3年に一度はチェックしておくことをおすすめします。

また、ドレンホースは紫外線の当たるような部分は3~5年で劣化が進んできてしまうため、それぐらいのタイミングでドレンホースだけ新しいものに交換してしまうというのも一つの手です。

ドレンホースは室外機から1mぐらいのところで接続されています。

エアコンドレンホースの接続場所の例

エアコン水漏れのドレンホースの交換手順

ドレンホースの点検で折れや潰れ、破れなどが見つかった場合はドレンホースを新しいものに交換しておきましょう。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、掃除機を使ってエアコンの水漏れを直す方法についてお話しました。

エアコン水漏れの8割を占めるのはドレンホースの詰まりで、掃除機やサクションポンプを使えば水漏れ修理ができるケースもよくあります。

DIYに自身がある場合は挑戦してみてもいいでしょう。

ですが、エアコンのDIY水漏れ修理にはいくつかのデメリットもあります。

  • 水が逆流して部屋を水浸しにしてしまう
  • 逆流した水が内部の電装部分にかかってエアコンを壊してしまう
  • ドレンホースから虫(コガネムシやゴキブリなど)の死骸が出てくる
  • 出てきたドロドロのカビ汚れで手が汚れて荒れてしまう
  • 水漏れの原因がドレンホース詰まりではなかった場合、自分では修理できないこともある(ドレンパンの詰まりや破損、冷媒ガス漏れ、雨漏りなど)

こういったリスクを避けるためには、自分で修理するのは避け、業社に修理を依頼するのがベターです。

ただし、夏場はエアコン故障が多発するシーズンとなっています。

実際に水漏れ修理の依頼をしていくと分かると思いますが、夏場のエアコン修理は予約の取り合いになっていて、修理日が2~3週間後になってしまうこともよくあります。

夏場にエアコンの水漏れ故障が起きてしまった場合、最低でも2~3社ぐらいには修理の問合せを行っていきましょう。

運が良ければ、業社によっては急な修理キャンセルなどで予約に空き時間ができていたりして、即日対応してもらえることもあります。

あの快適だったエアコン生活を少しでも早く取り戻すため、まずはエアコン修理の問合せを行うところからはじめていきましょう!

タイトルとURLをコピーしました