【エアコン故障!?】室外機が動かない(回らない)原因と対処法まとめ

エラーコードが表示されている場合の対処法

エラーコードとはエアコン故障の原因を示すものであり、一般的には室内機の電源ランプなどの点滅パターンで表示されたり、一部メーカーや業務用エアコンの場合、リモコンの液晶部に表示されたりする場合もあります。

エラーコードの表示内容を調べれば、なぜエアコンが止まってしまったのかを知ることができます。

以下に家庭用と業務用のエラーコードを調べるために役立つサイトをまとめておきましたので、エラーコードの原因特定の参考にしてみてください。

エラーコード一覧表(家庭用エアコンの場合)

家庭用エアコンの場合は、メーカー毎にエラーコードの表示場所や確認方法が異なりますので、対象となるエアコンのメーカーを確認してからエラーコードの内容確認を行ってみてください。

エラーコード一覧表(業務エアコンの場合)

業務用エアコンの場合、エラーコードはリモコン液晶部に表示されることがほとんどです。以下のサイトは業務用エアコンのメーカー別エラーコードが一覧表形式でまとめられていますので、ご参考まで。


スポンサーリンク

エアコンの再始動方法について

エアコンが効かない原因としてエラーコードが表示されている場合、まずは一度エアコンのリセットボタンを押して再始動をしてみましょう。

【リセット方法その1】電源コードを抜く

エアコンのコンセントが抜けている

エアコンの室外機をリセットさせる一番簡単な方法は、室内機の電源コードを抜くという方法です。

一般的な家庭用のルームエアコンの場合、室外機の方にリセットボタンはありません。

室外機を再始動させたい場合、室外機の電源も室内機から出ている電源コードから電気が供給されているので、この室内機側のコンセントを抜き差しすれば強制的に室外機をリセットすることができます。

室内機のランプがピカピカと点滅していたり、リモコンにエラー表示が出ているような場合は、一度この方法を試してみましょう。

ここでのポイントは、コンセントを抜いてからすぐに差し戻して再起動してみて、それでも駄目ならコンセントを抜いた状態で1時間程度放置してから再始動してみるということです。

ちょっとした室外機の起動エラーであれば、単純なコンセントの抜き挿しだけでエラー復帰することがありますが、もう少し深刻なエラーの場合でも圧縮機側に溜まっている電気を抜いて(放電させて)あげたり、室外機に溜まった熱を冷まして再起動させてやれば普通にエラーが直る場合があります。

【リセット方法その2】リモコンのリセットボタンを押す

エアコンのリモコンにリセットボタンがある場合は、それを爪楊枝などで押してリセットする方法があります。

特に、リモコンの電池を変えた後などはエアコンとリモコンの通信がうまく行かず、エアコンが動かないということがよく起こります。

電池交換の直後にエアコンが動かなくなった場合などは、この方法を試してみるといいと思います。

【リセット方法その3】強制運転を行う

エアコンの応急運転スイッチ

家庭用のルームエアコンには強制運転モードという運転モードが備え付けられています。

この強制運転モードは、細かなエラーは無視して、基本的なエアコン動作を確認するためのものであり、この強制運転でちゃんと冷たい風が出る(室外機が動く)ような場合は、エアコンは致命的な故障を起こしていない可能性があります。

ですので、室外機が動かないような場合は、まずは一度、エアコン室内機本体のカバー裏などにある「応急運転スイッチ」でエアコンを起動してみるのがいいでしょう。

応急運転スイッチの操作方法はメーカーや型番に異なりますので、詳細についてはエアコンの取扱説明書を読んで頂きたいのですが、ざっくりと以下のような操作方法があります。

  • ボタンを1回押す毎に「冷房」→「暖房」→「停止」の順に切り替わるタイプ
  • その時の室温、外気温により自動的にエアコンが運転内容、温度設定を選択するタイプ
  • 前回の運転内容で運転するタイプ
  • 設定25度の応急運転となり、温度調節などはできないタイプ・・・など

リモコンをいくら押してもエアコンが動かない場合は、エアコンの説明書を確認して、この応急運転スイッチを押してみましょう。

メーカー別応急運転方法

基本的には応急運転スイッチを押してみて室外機がちゃんと動いて、室内機から冷たい(暖房の場合は暖かい)風が10分以上ちゃんと出続けるような場合は、エアコン本体の故障ではなく何か別に原因があると考えられます。

エアコンがちゃんと動いているかどうかの目安は、「エアコン室内機の吸込み温度と吹出し温度の差が冷房の場合8~13℃(暖房の場合16~23℃)あるかどうか」で確認すると良いでしょう。

エアコンの吸込み温度は、エアコン上部(天井辺り)の空気温度を測定します。

エアコンの吸込み温度を測定

上記の温度計の場合、温度計の周りの温度をIN(下側)に表示しますので、この場合は吸込み温度が19.9℃ということになります。

次に吹出し温度は、温度計のセンサー部をルーバーの中辺りに設置したりして測定します。

エアコンの吹き出し温度を温度計のセンサー部で測定

このセンサー部で測定した温度は、先程の温度計のOUT(上側)に表示されるため、吹出し温度は8.1℃ということになります。

よって、エアコンの吸込みと吹出しの温度差は11.8℃(19.9℃ー8.8℃)となり、このエアコンの冷房運転は正常に動いていると判断することができます。

この段階でまたエアコンにエラーコードが表示されたり、エアコンの吹き出し温度と吸い込み温度に差があまりないような場合、エアコンに何らかの異常が発生している可能性があります。

次のページでは、エアコンが動かなくなる主な故障原因についてお話していきます。




タイトルとURLをコピーしました