エアコンの室外機が動かない
日立エアコンの故障修理

【日立エアコン】室外機が動かない原因と対処法まとめ


この記事は、「空調機器の設計開発」や「エアコン取付修理」に経験のある電気工事士が解説しています。
スポンサーリンク

日立エアコンの室外機が動かない

エアコンをつけても冷たい風が出てこなかったり、室外機のファンが回っていなかったりすると、もしかして故障してしまったのではないかと驚いてしまうことと思います。

日立製エアコン(白くまくんなど)の室外機が動かなくなってしまう原因は故障によるものの場合もありますが、故障でなくても一時的にエアコンの室外機が回らなくなってしまうことがよくあります。

今回は、日立エアコンの室外機が動かない、ファンが回らないという症状の具体的な原因の調査と自分でできる対処復旧方法について、写真付きで詳しくお話していきます。

スポンサーリンク

エアコン室外機の役割とは?

エアコンは室内と室外の熱を移動させる事によって、部屋を冷やしたり(冷房)や温めたり(暖房)しています。

例えば、夏場の冷房運転をイメージしてみると、室内機(部屋の中に取り付けられている)で室内の空気から奪った熱を冷媒に乗せて室外機に運び、熱くなっているアルミフィン熱交換器に風を送り込み、冷媒が持っている熱を屋外に放出します。

エアコンの冷房時の冷媒ガスの流れ

そして、室外機で熱を放出した冷媒はまた室内機側に戻っていき、室内の熱を吸収して室外機の方に戻るというメカニズムになっています。

このことから分かる通り、エアコンは室内機と室外機が同時に動くことで部屋を冷やしたりすることができるようになっています。

ですので、エアコンをつけたのにも関わらず、室外機が動かなかったり、ファンが回らなかったりする場合、「もしかしてエアコンが故障してしまったのか?」ととても心配になってしまうことと思います。

ただし、室外機が動いていなくても、エアコンが故障したことが原因で室外機が止まったわけではないことがよくあります。

以下では、特別な検査機器を持っていなくても、エアコンの室外機が止まってしまった原因を突き止めることができるような内容となっています。

まずは一度落ち着いて、これらの内容をチェックしてみるのがいいと思います。

室外機が動かない原因を特定する手順

日立製エアコンのエラーコード

エアコンが動かないとか、室外機が回らなくて困っている場合、「エアコンにエラーコードが表示されているかどうか」で対処法が異なってきます。

エラーコードとは、エアコンが動いていない原因をユーザーや修理業者の人に知らせるためのもので、日立エアコンの場合、室内機のランプの点滅パターンからエラー内容を知ることができます。

日立製エアコンのタイマーランプや除湿ランプ、空清ランプの点滅はエアコンが不具合を検知したことを示しています。

具体的にどのようなエラーでエアコンが止まってしまったのかということについては、その原因を示すエラーコードをリモコンで読み取る必要があります。

具体的なエラーコードの見方は以下の通りとなります。

「タイマーランプ」が点滅した場合

日立製のエアコンの場合、タイマーランプの点滅はエアコン本体(室内機または室外機のどちらか)で異常が発生していることを示しています。

タイマーランプの点滅回数毎にエラーの内容が異なりますので、以下の一覧表を参考にエラーの原因を確認してみてください。

点滅回数不具合内容処置及び交換部品
1回四方弁(冷暖切替バルブ)の不具合を検知。
室外基盤、冷却回路の電磁弁コイル類、
サーミスタ(温度検知部品)なども要確認。
不良箇所に応じて部品交換
(室外基盤、コイル、サーミスタなど)
または冷媒回路を修理。
2回強制冷房運転中を示す。
応急運転ボタンによる電源OFF、
または電源抜き挿しによる
本体リセットで改善しなければ、
室内基盤不良の可能性あり。
不良の場合は室内基盤を交換。
3回室内外通信の異常。
端子台(温度フューズ)、
室内基盤、モーター、
掃除ユニットなどの
不具合の可能性あり。
ケーブル接続などを確認。
不具合内容に応じて端子台、
Fケーブル、室内基盤などを交換。
4回室外機(室外基盤、圧縮機、
室外ファンモーターなど)
の不具合の可能性あり。
不良箇所に応じて部品交換
(室外基盤、コイル、サーミスタなど)
または冷媒回路を修理。
5回室外基盤(パワーリレー接点溶着など)
の不具合、または室内機DC
ファンモーター異常の可能性あり。
室内制御基板を交換。
9回室内温度センサー(サーミスタ)、
または室内基盤の不具合の可能性あり。
コネクタ接続確認後、
サーミスタ(室温、熱交温度センサー)
を交換。
10回室内基盤、室内ファンモーター
の不具合(回転異常、過電流など)
の可能性あり。
室内ファンモーターの回転チェックや
コネクタ接続確認後、ファンモータを
交換。
11回室内基盤、またはイオンユニットなどに
不具合の可能性あり。
コネクタ接続確認後、室内基盤や
イオンユニットを交換。
12回室内外基盤や室内ファンモーターに
関する通信関連の不具合の可能性あり。
Fケーブル確認後、不具合に応じて
各種部品を交換または冷媒回路を修理。
13回室内基盤に不具合
(データ読み取り異常)の
可能性あり。
室内制御基板を交換。
21回室内外基盤に不具合または、
他の家電製品による通信障害の
可能性あり。
動作を邪魔する家電製品を特定し対策。
基盤故障の場合は交換修理。

「除湿ランプ」または「見張りランプ」が点滅した場合

日立製のエアコンの場合、除湿ランプや見張りランプは主にエアコン室外機の方で異常が発生している場合に点滅する仕様になっています。

具体的なエラーの内容については、ランプの点滅回数で判断することができますので、以下の一覧表を参考にエラーの原因を確認してみてください。

タイマーランプ
(見張りランプ)
点滅回数
不具合内容
2回室外基盤またはコンプレッサーに
異常(ピーク電流カット)が発生した
可能性あり。
3回室外基盤またはコンプレッサーに
異常(低速回転)が発生した
可能性あり。
4回室外基盤またはコンプレッサーに
異常(切替失敗)が発生した
可能性あり。
5回室外基盤またはコンプレッサーに
異常(過負荷下限カット)が発生した
可能性あり。
室外機の風周りを遮る物を避ける、
直射日光を遮る工夫をする、
室内外機のフィルターや
エアコンクリーニングを行う
ことより改善する可能性あり。
6回室外基盤、コンプレッサー、
サーミスタに異常(OH温度上昇異常)が
発生した可能性あり。
7回室外温度センサー(サーミスタ)の
不具合の可能性あり。
8回室外基盤またはコンプレッサーに
異常(増速不良)が発生した
可能性あり。
9回室外基盤に不具合(通信エラー)の
可能性あり。
12回室外基盤または室外ファンモーターに
不具合(室外ファンロック)の可能性あり。
13回室外基盤に不具合(データ読み取り異常)の
可能性あり。
14回室外基盤に不具合の可能性あり。
15回室外基盤に不具合の可能性あり。

室外機のエラーリセットの方法

日立製エアコンの場合、ちょっとしたエラーであれば本体リセットで復旧する可能性があります。

具体的な本体リセット方法は取扱説明書の方に記載がありますが、一般的には以下の手順で行っていきます。

【SETP1】エアコンをOFFにする

エアコンが動いている場合はリモコンでエアコンの電源をOFFします。

電源ランプが点滅して既にエアコンの動作が停止してしまっているような場合は、そのまま次のステップに進んでください。

【STEP2】室内機の電源コードを抜く

エアコンの電源を抜く

次に、エアコンの電源コードを抜きます。

電源プラグが高いところで抜き差ししにくい場合などは、分電盤の中にあるエアコン回路のブレーカーを落としてもOKです。

分電盤の中のエアコンブレーカー

ルームエアコンの場合、電源は室内機側のコンセントのみとなっていますので、ここまで作業ができたらエアコンに流れる電気は遮断できたことになります。

ブレーカーのマークの意味は「ー」で通電、「◯」で開放(電気を遮断)となっています。

業務用パッケージエアコンの場合はコンセントはありませんので、上記のブレーカーによるリセットが必要です。

室内機と室外機の別々にブレーカーが設けられている場合もありますので、その場合はそれらを同時に操作して下さい。

【STEP3】1分後に電源を入れ直す

日立エアコンの室内機

エアコンの電源を落としてから1分後にコンセント(ブレーカー)を入れ直し、エアコンを再起動してみましょう。

ルームエアコンの場合、電源コンセントは室内機のところに一箇所しかないため、この操作を行うことで、室内機だけではなく室外機の方も同時にリセットすることができます。

この状態で再びエアコンが停止(電源ランプが点滅)してしまった場合、エアコンに少し症状の重い不具合が発生している可能性があります。

リモコンに付いているリセットボタンは、リモコンの電池交換後にリモコン本体のリセットを行うためのものです。このリモコンのリセットボタンを押してもエアコンはリセットされませんので注意が必要です。

エアコンを強制起動する方法(基本動作確認のため)

日立製エアコンの応急運転ボタン

日立(白くまくんなど)のエアコンには前面パネルを開いたところや本体の右下あたりに応急運転ボタン(電源ボタン)がついています。

ちょっとした不具合の場合、この応急運転スイッチで起動すればエアコンを一時的に復旧する事ができる場合があります。

具体的な操作方法については説明書を御覧いただきたいのですが、日立製のルームエアコンの場合、以下のような手順で強制起動することができます。

  1. 室内機の右下の方にある自動運転スイッチを押す
  2. 応急運転が開始される
  3. 再度、自動運転スイッチを押す
  4. エアコンが停止する

日立製エアコンの応急運転は室温や外気温によって自動的に最適な運転モードが選ばれる仕組みになっているため、夏場の場合は冷房運転で、冬場の場合は暖房運転で起動します。

この応急運転でエアコンが正常に動いた場合、エアコンのメインとなる冷房や暖房機能は故障していないということを確認することができます。

なお、途中でエアコンが停止し、室内機のランプが点滅し始めた場合は、エアコンが故障してしまっている可能性が高いといえます。

応急運転スイッチは5秒以上押さないでください。応急運転ボタンを5秒以上長押ししてしまった場合、販売店やサービスマンがエアコン修理や取り外しの際に行う強制冷房運転(タイマーランプが2回点滅)がはじまってしまいます。誤って強制冷房運転をしてしまった場合は、応急運転スイッチをもう一度押し、強制冷房運転を停止してください。

次のページでは、室外機が動かなくなる主な原因についてお話していきます。

タイトルとURLをコピーしました