エアコン室外機のファンモーター修理
プロ直伝のエアコン復旧方法

【エアコン室外機】ファンモーターの故障原因と修理費用相場


この記事は、「空調機器の設計開発」や「エアコン取付修理」に経験のある電気工事士が解説しています。
スポンサーリンク

室外機のファンモーターが壊れてしまうとエアコンが冷えなくなります。

ファンモーターの故障は部品交換(1.5~2.5万円)で直る事が多いですが、稀に室外機の基盤も交換しなければならない場合があります。

この記事の要点はこちら↓↓

  • 室外機のファンモーターが壊れるとエアコンが全く効かなくなる
  • 故障原因は回転軸の固着やコイルの絶縁不良が多い
  • ほとんどの場合ファンモーターの交換修理で直る
  • ごく稀に室外機の基盤も交換しなければならない場合がある

ファンモーターが壊れるとエアコンが全く効かなくなる

エアコン室外機のファンモーター修理

エアコン室外機の故障原因でよくあるのが、室外機のファンを回しているモーターの故障です。

室外機は部屋で吸収した熱を外に出す役割があるため、ファンを回すモーターが壊れてしまうとエアコンが全く効かなくなります。

ファンモーターが壊れてしまった場合、エアコン本体の応急運転ボタンを使ってもエアコンは復旧しません。

ファンモーターの主な故障原因

エアコン室外機のファンモーター

ファンモーターが壊れる原因は、モーターの中にあるコイルが焼けて動かなくなったり、回転部分が錆びてスムーズに回らなくなってしまうことが多いです。

ただし、ファンモーターの異常は室外機の基盤と関連して起こることがあるため、基盤のチェックも必要です。

エアコン室外機の基盤

修理費用の相場は1.5~2.5万円が相場

ファンモーターが壊れた場合、モーターのみを交換しファンはそのまま使うことがほとんどです。

修理費用の相場は1.5~2.5万円程度となることが多く、部品の在庫があれば1~2時間程度の修理作業でエアコンが直ります。

ファンモーターの故障は比較的安価で簡単に直すことができるため、エアコンの買い替えの時期でなけば、このまま修理して使っていくことをおすすめします。

エアコンの買い替えの時期は、設計上の標準使用期間(10年)や部品の調達可能期間(10年)などが目安となります。

基盤も壊れている場合は買い替えを検討

ごく稀にファンモーターだけではなく室外機の基盤も一緒に壊れてしまう場合があり、この場合は基盤の交換(+1~2万円、部品代)が必要となります。

エアコン室外機の故障原因と修理費用の相場

また、ファンモーターを交換してみて、それでも直らない場合に基盤を交換するというような流れの場合、部品を取り寄せるために結構な時間がかかってしまうこともよくあります。

このようにファンモーターだけではなく基盤まで壊れてしまった場合、修理ではなくエアコンを買い替えたほうが良い場合もありますので、よく検討することをおすすめします。

まとめ;室外機ファンモーターの修理費用相場

最後に室外機ファンモーターの故障修理について要点をまとめておきます。

室外機ファンモーターの故障原因

  • ファンモーターが壊れるとエアコンが全く効かなくなる
  • 故障原因は回転軸の固着やコイルの絶縁不良が多い

修理方法と費用の相場

  • ほとんどの場合ファンモーターの交換修理(1.5~2.5万円)で直る
  • 基盤も壊れているい場合は同時交換が必要
  • 修理費用が高額になる場合は買い替えも検討
タイトルとURLをコピーしました