【ダイキン】エアコンのリモコンが効かない原因と対処法

ダイキンエアコンの故障修理
t.tamaki
T.T (Electrician)


スポンサーリンク

ダイキンのエアコンのリモコンが効かない原因

ダイキン製エアコンのリモコンが急に効かなくなってしまう原因は、主に電池切れやリモコン本体の故障、エアコン本体側のリモコン受光部の故障などが考えられます。

ちょっとした不具合が原因であれば、ご家庭でも対処できることもよくあります。

今回は、ダイキン製エアコンのリモコンが効かなくなる原因と対処法について詳しくお話していきます。

スポンサーリンク

はじめに確認しておきたい3つのポイント

まずはじめに、リモコン故障を疑う前に確認しておきたいことについてお話していきます。

【確認1】電池切れではありませんか?

ダイキンのエアコンのリモコンの電池切れでつかない

リモコンが反応しなくなる一番多い原因は電池切れで、リモコンに使う電池の寿命はおおよそ一年間が目安となります。

最近、リモコンの操作をしたりすると液晶画面が一瞬薄くなったりしてきていたという場合や、リモコンをエアコンに近づけて操作しないと反応しなくなってきたという場合は、電池切れの可能性が高いでしょう。

【確認2】リモコンが誤作動を起こしていませんか?

電池切れの状態でリモコン操作をしていた場合、リモコンの動作電圧が低くなってリモコン内部の回路が誤動作している可能性があります。

この誤動作は電池交換だけでは復旧しないこともあるため、電池交換した場合は以下の手順でリモコン本体のリセットを行ってみましょう。

リモコンのリセット手順

  1. 電池を抜く
  2. 電池を抜いたまま1分間放置する
    (またはリモコンのいずれかのボタンを15秒長押しする)
  3. 電池を入れ直す

リセット作業後、もう一度リモコンの動作確認を行い、正常に動くようであれば今回の不具合はリモコンの誤作動だったということになります。

【確認3】フタが浮いていませんか?

ダイキンエアコンのフタ

ダイキン製のリモコンには、フタが開閉するタイプ物のがあります。

このフタが微妙に開いた状態で操作していたり、蓋の裏にある突起が折れてしまっていたりするとリモコン動作が正常に行えなくなりますので、一度チェックしてみてください。

リモコン本体の故障確認方法

リモコンが反応しなくなった場合、リモコンが故障したのか、それともエアコン本体が壊れたから反応しなくなったのか、その原因を突き止めないといけません。

リモコンはボタンを押すと、リモコンの先端にある赤外線ランプ(赤外線という肉眼では見えない波長の光を発するランプ)が点滅する仕組みで動いていますので、デジカメやスマホのカメラを使ってちゃんと赤外線が出ているかどうか確認してみましょう。

エアコンのリモコン故障の赤外線を確認

エアコンのリモコン故障の赤外線をスマホで確認

リモコンが正常に動いていたら、このようにリモコンの先端の発光部が赤くピカピカと点滅している様子が確認できます。

もし、リモコンのボタンを押してもその光が出ていないのであれば、リモコンが故障しているということが分かります。

稀に、特定のボタンだけ故障していて赤外線の光が出ていないということがありますので、全てのボタンで赤外線が出ているかどうか確認してください。

iPhoneの背面カメラ(通常の写真撮影で使う側)は赤外線が映らない物が使われています。正面ディスプレイ側についているインカメラは赤外線が写りますので、そちらに切り替えて確認してみてください。

この他にも、リモコンが正常に作動している場合、AMラジオを使って、そのリモコンから漏れ出るノイズを聞くことが出来ます。

AMラジオを使ってリモコン動作を確認

AMラジオを使ったリモコン動作の具体的な方法はこちら。

  1. ラジオのスイッチをAMに合わせる
  2. ダイヤルを回して放送の無い周波数に合わせる
  3. 音量を大き目にする
  4. リモコンをラジオに近づけ、リモコンのボタンを押す
  5. 「ジッ、ジッ、ジッ」とか「ガッ、ガッ、ガッ」というような雑音が聞こえるか確認する(結構大きな音がします)

このパルス状の雑音が聞こえたら、リモコンは正常に動作している(反応している)ことが分かります。

リモコンが故障してしまった場合、同じ型番のリモコンを購入すれば再びエアコンが使えるようになります。

リモコンを使わずにエアコンを強制起動する方法

エアコンの応急運転ボタン

ダイキンのルームエアコンには「応急運転スイッチ」というものが室内機本体の下側や前面パネルを開いたところについていて、この応急運転スイッチを使えば、リモコンを使わずにエアコンを起動する事ができます。

ダイキンの場合、応急運転スイッチを押すと快適エコ自動モード(設定温度25℃)で強制起動することができます。

参考)リモコンの操作でエアコンが反応しない|DAIKIN

この応急運転スイッチでエアコンを強制起動した結果、ちゃんとエアコンが動いたようであればエアコンの基本機能は正常ということになりますので、リモコン本体が故障しているか、エアコン室内機のリモコン受光部が故障している可能性があります。

ダイキンエアコンのリモコン受光部

修理を依頼する前に試しておきたいエアコン本体のリセット

エアコンは強いノイズを受けたりするだけで誤作動を起こし、リモコン操作が反応しなくなってしまうことがあります。

上記の内容を確認してもエアコンが思うように動かない場合、一度下記の手順で本体をリセットしてみて下さい。

エアコンをOFFにする

ダイキンのエアコンをOFFにする

エアコンが動いている場合はリモコンでエアコンの電源をOFFします。

運転ランプやタイマーランプが点滅して既にエアコンの動作が停止してしまっているような場合は、そのまま次のステップに進んでください。

室内機の電源コードを抜く

エアコンの電源を抜く

次に、エアコンの電源コードを抜きます。

電源プラグが高いところで抜き差ししにくい場合などは、分電盤の中にあるエアコン回路のブレーカーを落としてもOKです。

分電盤の中のエアコンブレーカー

ルームエアコンの場合、電源は室内機側のコンセントのみとなっていますので、ここまで作業ができたらエアコンに流れる電気は遮断できたことになります。

ブレーカーのマークの意味は「ー」で通電、「◯」で開放(電気を遮断)となっています。

1分後に電源を入れ直す

エアコンの電源を落としてから1分後にコンセント(ブレーカー)を挿し入してください。

ルームエアコンの場合、電源コンセントは室内機のところに一箇所しかないため、この操作を行うことで、室内機だけではなく室外機の方も同時にリセットすることができます。

リモコンに付いているリセットボタンは、リモコンの電池交換後にリモコン本体のリセットを行うためのものです。このリモコンのリセットボタンを押してもエアコンはリセットされませんので注意が必要です。

まとめ

ダイキン製のエアコンでリモコンが効かなくなった場合、まずは電池交換し、リモコンのリセット作業を行いましょう。

デジカメやスマホで赤外線の動作を確認した結果、リモコン本体が故障している場合はリモコンの買い替えが必要となります。

リモコンは正常にも関わらず、エアコンが反応しない場合はエアコン本体側の不具合(リモコン受光部の故障や誤作動など)が考えられます。

コンセントの抜き差しでエアコン本体をリセットしたり、強制起動したりしてもリモコンが反応しないままの場合は、早めにエアコン点検をしてもらうようにしましょう。

スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました