ダイキンエアコンの室外機が動かない
ダイキンエアコンの故障修理

【ダイキンエアコン】エラーコード「E7」の原因と修理方法


この記事は、「空調機器の設計開発」や「エアコン取付修理」に経験のある電気工事士が解説しています。
スポンサーリンク

ダイキンのエアコンのエラーコードE7

ダイキンルームエアコンのエラーコード「E7」は、室外機ファンがうまく動いていないことを示すシステムエラーです。

具体的な復旧方法としては、室外ファンの異物除去や本体のリセット操作、不具合が発生している部品の交換修理(室外ファンモーターや室外プリント基板交換で直ることが多い)となります。

今回は、ダイキンルームエアコンでエラーコードE7が表示された場合の具体的な対処法について、詳しくお話していきます。

スポンサーリンク

E7エラーが出た場合のチェック項目

ダイキンエアコンのE7エラーはちょっとしたことが原因で表示されることがあります。

まずは以下の内容を自主点検してみて下さい。

室外機のファンの回転を邪魔するものがないか?

E7エラーはファンの回転異常を検知して表示されることがあります。

室外機に棒や植物などの異物が挟まってファンが回転できなくなっていないか確認してみてください。

冬場の場合、除霜運転で溶けた水が室外機の中で凍りついてファンの回転を邪魔してしまっていることもあります。

異物がエラーの原因であった場合、一度エアコンの電源を入り切りして再起動すればOKです。

外部ノイズの影響ではないか?(本体リセットで復旧するか?)

ダイキンのE7エラーは、ノイズなどの影響によってシステム異常が発生した場合に表示されることがあります。

こういったノイズなどが不具合の原因であった場合、電源リセット作業を行うことでエアコンが復旧することがあります。

具体的なリセット方法については取扱説明書に記載がありますのでそちらをご覧いただきたいのですが、一般的には以下の手順で本体リセットを行うことができます。

本体リセットの方法

  1. エアコンの電源をOFFにする
  2. 室内機側にあるのコンセントを抜く
    (業務用エアコンの場合はブレーカーを落とす)
  3. 10分以上放置する
    (この際リモコン操作などは行わないこと)
  4. コンセントを元に戻す
    (業務用エアコンの場合はブレーカーを入れ直す)
  5. エアコンの電源をONする
内部基盤にはコンデンサーなど電気を蓄えておくパーツが取り付けられていますので、基盤内の電気が完全に放電されるまでコンセントを抜いてから10分以上は待つようにしましょう。

>>ダイキンエアコンの本体リセット方法

上記のように、ルームエアコンの場合はコンセントの抜差しだけで本体リセットできます。

業務用のパッケージエアコンの場合は、室外機と室内機の両方のブレーカーを同時に入り切りしてエアコン本体をリセットしていきます。

この手順でエアコンが復旧したのであれば、何らかのノイズの影響でシステムエラーを起こしたということになり、修理は完了となります。

残念ながらこの手順でエアコンが復旧せず、またE7のエラーコードを表示した場合、エラーコード表示の不具合は別にあるということになります。

次のページではE7エラーの主な故障原因についてお話していきます。

タイトルとURLをコピーしました