【賃貸アパート】エアコンが故障してしまった場合の対処法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

エアコンがつかない

賃貸住宅の冷房や暖房に欠かすことができないエアコンですが、多くのエアコンは熱帯夜が続くような真夏日に調子が悪くなってしてしまうのことが多いのが特徴です。

エアコン不調の主な症状はこちらです。

  • 急に電源が入らなくなった
  • 室外機が動いていない
  • エアコンの効きが悪い
  • 水が漏れてくる、飛んでくる
  • 吹出口から白い霧が出る

エアコンは平均13年ぐらいで新しいものに入れ替えるのが一般的ですが、もともと賃貸住宅に取り付けられているようなエアコンの場合、故障するまでは使い続けていくということが良くあります。

この場合、入居中にエアコンが故障してしまうことになり、この場合、修理は自分が依頼するのか、オーナーが依頼するのか、また誰がエアコンの修理代金を支払うかなどよく分からず困ってしまうものと思います。

今回は、賃貸住宅やアパートに住んでいる時にエアコンが壊れてしまった場合の対処法について、詳しくお話していきます。




タイトルとURLをコピーしました