【エアコン故障】メーカー別サポートセンター連絡先と修理費用相場まとめ

エアコンがつかない

エアコンが急に動かなくなってしまった場合や、エラーコードが表示されているような場合、メーカーのサポートセンターに直接電話で問い合わせてみるのが問題解決の近道です。

実際にサポートセンターに問い合わせてみることで、エアコンが動かなくなった原因を知ることができたり、エアコンを修理する必要がある場合はその費用の見積もりや、修理の依頼もその電話の中で行うことができます。

エアコンの調子が悪い場合はお使いのエアコンの製造元メーカーのお客様サービスセンターに問い合わせてみましょう。

DAIKIN(ダイキン)

  • コンタクトセンター
    →0120-881-081(フリーダイヤル)
  • 受付時間
    →24時間365日サポートあり
  • サポートページ
    サポート|DAIKIN

修理費用の相場(ダイキン)

  • 室外機制御基板
    13,800~27,000円
  • 室外機ファンモーター
    15,800~28,000円
  • 冷媒ガス漏れ
    13,800~27,000円
  • 室内機マイコン
    13,800~27,000円
  • 室内機ファンモーター
    27,800~33,000円
  • 冷媒回路(電磁弁、コンプレッサーなど)
    17,800~27,000円(溶接を伴う作業の場合は約8~10万円)
  • リモコン
    2,000~10,000円
  • ドレンホースやドレンパン詰まり(水漏れ)
    27,800~37,800円
  • 室内機ルーバー
    5,800~19,000円
  • 室内機前面パネル
    8,800~32,000円

※修理費用(技術料、部品代、出張料含む)は税抜、目安です。

※修理時間は故障の程度やスタッフの熟練度によって変わっってきます。場合によっては、エアコンを取外して持ち帰っての修理が必要な場合もあります。

※修理費用の詳細については以下のページを御覧ください。
>>製品別の修理目安金額|DAIKIN

Panasonic(パナソニック)

  • お客様ご相談センター
    →0120-878-692(フリーダイヤル)
    →06-6907-1187(総合受付、有料)
  • 受付時間
    →9:00~20:00(年中無休)
  • サポートページ
    エアコン ご相談窓口|Panasonic

修理費用の相場(パナソニック)

修理費用の詳細については以下のページを御覧ください。
>>修理料金について|Panasonic

MITSUBISHI(三菱)

  • お客様相談センター
    →0120-139-365(フリーダイヤル)
    →0570-077-365(携帯電話・PHSの場合、有料)
  • 受付時間
    →平日;9:00〜19:00
    →土・日・祝;9:00〜17:00
    ※上記以外の時間は受付のみ可能
  • サポートページ
    ご相談窓口|三菱電機

修理費用の相場(三菱)

  • 室外機制御基板
    11,000~36,000円
  • 室外機ファンモーター
    11,000~36,000円
  • 冷媒ガス漏れ
    27,000~67,000円
  • 室内機マイコン
    11,000~36,000円
  • 室内機ファンモーター
    11,000~36,000円
  • 冷媒回路(電磁弁、コンプレッサーなど)
    11,000~167,000円
  • リモコン
    11,000~29,000円
  • ドレンホースやドレンパン詰まり(水漏れ)
    7,000~25,000円
  • ドレンホース(室内機ボコボコ音)
    7,000~13,000円
  • 取扱説明・点検修理
    5,000~8,000円
  • 見積診断
    4,500円

※修理費用(技術料、部品代、出張料含む)は税抜、目安です。

※修理時間は故障の程度やスタッフの熟練度によって変わっってきます。場合によっては、エアコンを取外して持ち帰っての修理が必要な場合もあります。

※修理費用の詳細については以下のページを御覧ください。
>>修理料金の目安<ルームエアコン|三菱電機

FUJITSU(富士通)

  • コールセンター
    →0120-089-888(携帯電話・PHSからも可能、フリーダイヤル)
    →044-861-7700(IP電話など、有料)
  • 受付時間
    →平日;9:00~19:00
    →土・日・祝;9:00~18:00
  • サポートページ
    エアコンに関するお問い合わせ|FUJITSU

修理費用の相場(FUJITSU)

修理費用の詳細については以下のページを御覧ください。
>>故障診断エアコン|FUJITSU

TOSHIBA(東芝)

  • 空調換気ご相談センター(ルームエアコンのみ)
    →0120-1048-00(フリーダイヤル)
    →0570-78-3885(携帯電話・PHS、有料)
  • 受付時間
    →9:00~20:00(365日)
  • サポートページ
    電話からのお問い合わせ|TOSHIBA

修理費用の相場(東芝)

  • 室外機制御基板
    24,000~36,000円
  • 室外機ファンモーター
    20,000~33,000円
  • 冷媒ガス漏れ
    61,000~110,000円
  • 室内機マイコン
    21,000~32,000円
  • 室内機ファンモーター
    19,000~32,000円
  • 冷媒回路(電磁弁、コンプレッサーなど)
    12,000~110,000円
  • リモコン
    5,000~32,000円
  • ドレンホースやドレンパン詰まり(水漏れ)
    10,000~16,000円
  • 室内機ルーバー
    7,000~22,000円
  • 自動掃除
    7,000~26,000円

※修理費用(技術料、部品代、出張料含む)は税抜、目安です。

※修理時間は故障の程度やスタッフの熟練度によって変わっってきます。場合によっては、エアコンを取外して持ち帰っての修理が必要な場合もあります。

※修理費用の詳細については以下のページを御覧ください。
>>ルームエアコン 出張料金概算料金表|TOSHIBA

SHARP(シャープ)

修理費用の相場(SHARP)

  • 室外機制御基板
    15,000~30,000円
  • 室外機ファンモーター
    15,000~25,000円
  • 冷媒ガス漏れ
    50,000~75,000円
  • 室内機マイコン
    15,000~30,000円
  • 室内機ファンモーター
    15,000~25,000円
  • 冷媒回路(電磁弁、コンプレッサーなど)
    50,000~75,000円
  • リモコン
    10,000~15,000円
  • ドレンホースやドレンパン詰まり(水漏れ)
    15,000~30,000円
  • 室内機ルーバー・パネル
    15,000~20,000円
  • 自動掃除
    15,000~20,000円

※修理費用(技術料、部品代、出張料含む)は税抜、目安です。

※修理時間は故障の程度やスタッフの熟練度によって変わっってきます。場合によっては、エアコンを取外して持ち帰っての修理が必要な場合もあります。

※修理費用の詳細については以下のページを御覧ください。
>>エアコン 出張修理概算料金|SHARP

HITACHI(日立)

  • お客様相談センター
    →0120-3121-11(フリーダイヤル)
    →050-3155-1111(携帯電話・PHS、有料)
  • 受付時間
    →9:00~17:30(月~土)
    →9:00~17:00(日・祝日)
    (年末年始は休ませていただきます)
  • サポートページ
    お電話/FAXでのお問い合わせ|HITACHI

修理費用の相場(HITACHI)

  • 室外機制御基板
    13,500~33,500円
  • 室外機ファンモーター
    -円
  • 冷媒ガスチャージ
    28,500円~30,500円
  • 室内機マイコン
    13,500~33,500円
  • 室内機ファンモーター
    18,500円~28,500円
  • 冷媒回路(電磁弁、コンプレッサーなど)
    38,500円~84,500円
  • リモコン
    8,000円~13,000円

※修理費用(技術料、部品代、出張料含む)は税抜、目安です。

※修理時間は故障の程度やスタッフの熟練度によって変わっってきます。場合によっては、エアコンを取外して持ち帰っての修理が必要な場合もあります。

※修理費用の詳細については以下のページを御覧ください。
>>修理料金の目安一覧表|HITACHI

問い合わせ前に確認しておきたいこと

エアコンのが動かなかったり、エラーコードが表示される多くの場合は、エアコンの再始動で解消されます。

>>【エアコンのエラーコードリセット】動かない室外機を再始動させる方法

ただ、設置から10年以上経過してくると故障で動かなくなることも増えてきますので、そのような場合は買い替えや修理の検討をしていく必要があります。

>>【エアコン故障】修理と買い替えの6つの判断基準まとめ

真夏の猛暑のタイミングでエアコンが故障した場合、メーカーサポートは人手が圧倒的に足らないため、修理に来てくれるタイミングが遅くなる傾向があります。

また、エアコンを見に来てくれたとしても、手持ちのパーツですぐに修理ができない場合、実際の修理作業は後日になることもよくあります。

どちらかと言えば、修理ができる人(メーカーサポート)より、単純にエアコンを取り付けることができる人の方が絶対的にたくさんいます(取り付け作業は比較的単純な力仕事になる)ので、なるべく早く部屋を涼しくしたい人は思いきってエアコンを購入して取り付けてもらったほうがいいのかもしれません。

この辺りは、メーカーサポートやお店などに実際に電話して聞いてみたりして、自分の希望する価格や納期を考慮して決めていくのがいいと思います。

是非参考にしてみてくださいね。

それでは!

スポンサーリンク
スポンサーリンク



タイトルとURLをコピーしました