【リモコン故障】DIY修理やエアコンの応急運転方法まとめ

エアコンのリモコン故障を疑う前に試して置きたいこと

リモコンを操作してもエアコンが反応しない場合、まずリモコンの故障を疑う前に以下のことを確認していきましょう。

【確認ポイントその1】新品の電池に交換してみる

リモコンが反応しなくなる一番多い原因は電池切れです。

例えば、最近、リモコンの操作をしたりすると液晶画面が一瞬薄くなったりしてきていたという場合は、電池切れの可能性が高いと思われます。

まずは一度新品の電池に交換してみて、リモコンが再び動作するかどうか確認してみましょう。

リモコンの電池を確認する

ちなみに、電池が切れかけて来た場合、リモコンからの信号の強度が弱くなってしまいます。

ですが、完全に信号がでなくなるのはもう少し先という場合が多いですので、いつもの位置よりも少しエアコン本体に近づけて操作すれば、エアコンまでリモコンの信号が届くことがあります。

エアコンのリモコン故障で反応しない

電池交換までの間は、このような方法を試してみるのもいいと思います。

なお、電池が液漏れしてしまっていて、リモコンの電池と接する端子部分が白緑色に汚れてしまっていることがあります。

電池の液漏れで汚れたリモコン端子

その場合、そのまま電池交換しても電気が通らないため、汚れをティッシュなどでよく拭き取ってから新しい電池を入れるようにしてください。

【確認ポイントその2】いろいろなボタンを押してみる

エアコンのリモコンの故障はいきなり全く使えなくなるということは少なく、例えば、ある特定のボタンだけ動かなくなるとか、液晶のタッチパネル部分だけが反応しなくなるという感じで、リモコンの一部分が故障してしまう場合がほとんどです。

一度、色々なボタンを押してみて、リモコンの液晶の表示が変わっているか、エアコンは反応しているか確認してみましょう。

特に、蓋付きのリモコンの場合、蓋の開閉スイッチが故障してしまって蓋を閉じた状態の動作(開閉スイッチが押されている状態)に不具合が出ることがよくあります。

エアコンのリモコンの開閉スイッチの故障

明らかに特定のボタンだけリモコンが反応していない場合、それはリモコンの故障となりますので、リモコンを修理したり買い替えたりする必要があります。

>>リモコンDIY修理とリモコン無しで応急運転する方法(4ページ目)

【確認ポイントその3】リモコンをリセットする

比較的新しい機種で液晶画面が大きいようなエアコンのリモコンには、リモコンのリセットボタンがある場合があります。

エアコンのリモコンのリセットボタン

ボタンタイプの場合はそのボタンを押せばリセットされますし、上記のようなタイプの場合、針金やクリップなどを使ってリセット端子をショート(一時的に金属で電気を通す)させれば、リモコンがリセットされます。

エアコンのリモコンをリセットするためのクリップ

エアコンのリモコンをショートさせてリセットする

ちょっとしたリモコンの故障であれば、このリセット作業で改善されたりしますので、このようなタイプんリモコンの場合は試してみてください。


スポンサーリンク

【確認ポイントその4】リモコンの信号チャンネルを確認する

比較的新しい機種のエアコンの場合、リモコンの混線を防ぐため(同じ部屋に複数台のエアコンが設置されている場合など)に信号チャンネルを切り替えられるようになっているものもあります。

エアコンのリモコンの信号切り替えボタン

このボタンを子供がいたずらしたりして押してしまった場合、その設定が変わってしまって(リモコンの信号チャンネルとエアコン本体の信号チャンネルが合わなくなって)、エアコンが反応しない場合があります。

一度エアコンの説明書などに記載されている信号チャンネル合わせの方法を確認して、再設定してみてください。

何らかの操作により、意図せずリモコンコードを変更してしまった可能性がございますので、下記の方法で再設定してください。

設定方法
①リモコンの「メニュー」ボタンを操作して【リモコンNo】項を選択してください。
②「すすむ」または「もどる」ボタンで、リモコンNoA~リモコンNoDのいずれかを選択してください。
③室内ユニットに向けて「決定」ボタンを押して確定させてください。

引用)リモコンでエアコンが動作しません。|Panasonic

【確認ポイントその5】部屋の家電の電源をOFFにしてみる

エアコンのリモコンが反応しなくなるケースとして、部屋にある他の家電から強い赤外線が出ていて、エアコンのリモコンからの赤外線が混線してしまうということがあります。

一度、部屋の中にある家電のコンセントを抜いた後、リモコンをエアコンの方に向けて動作確認してみてください。

もし、それでエアコンが動いた場合、赤外線の混線が原因である可能性が高いです。

この場合の対処法としては、リモコンをエアコンに近づけて操作すれば解消することがほとんどです。

このようにすることで、混線の原因を作った家電の電源がONの状態でも使える可能性がありますので、ご参考まで。

【確認ポイントその6】エアコン本体をリセットする

エアコンのリモコンのリセットボタン

エアコン本体にエラーが出ている場合、リモコン操作ではエアコンが動かない場合があります。

リモコンにリセットボタンがついている場合は、上記のようにリモコンをエアコンに向けた状態で、爪楊枝などを使ってリセットボタンを長押ししてみましょう。

停電などのちょっとしたことでエアコン本体にエラーが出ている場合は、この方法で改善される場合があります。

この他にも、エアコンのコンセントを抜き差ししても、エアコンのリセットを行うことが出来ます。

なお、これらの操作を行っても、引き続きエアコン本体にエラーが出てしまっている場合、エアコンが動かない理由はリモコンの故障ではなく、エアコン本体の故障となります。

そのような場合は、以下の記事が参考になると思います。

>>【エアコン故障!?】室外機が動かない(回らない)原因まとめ

次のページでは、リモコン本体が壊れているかどうか確かめる具体的な方法についてお話していきます。




タイトルとURLをコピーしました