【除湿グッズ】部屋の湿度を効率良く下げる省エネな除湿方法まとめ

除湿機を使って部屋の湿度を下げる

梅雨から夏の時期にかけて困ってしまうことと言えば、部屋がジメジメしてしまうことだと思います。

エアコンで除湿しようと思っても湿度は下がらず、部屋の温度だけ下がってしまって体が冷えてしまうこともよくあります。

部屋の湿度が高いとジメジメして不快に感じてしまうだけではなく、カビ菌が繁殖してニオイがしたり、その胞子を子どもが吸って咳が出て止まらないなどの健康被害にも繋がってしまいます。

なるべく自然素材で調質しようと思っても、木材や炭、土(珪藻土やエコカラットなど)、新聞紙の調湿作用は極めて小さく、部屋にちょこっと置くぐらいでは全く効果がありません。

なぜなら、梅雨や蒸し暑い夏の時期に部屋を除湿するということは、一日で数リットル~十数リットルの水分を空気中から取り出す必要があるからです。

例えば、事前に重さを測っておいた炭を5~6本部屋に置いておき、1日後に重さを計り直したら水分をたっぷり含んでいて十数キロも重くなっていた・・・なんていうことは現実的に考えられないでしょう。

凍らせておいたペットボトルを部屋に置いておいたとしても、1日でせいぜい数十グラムの水しか除湿できません。

実際のところ、カラッと快適な部屋(湿度を60%以下)にするためには、部屋の中よりも室外の方が乾燥しているタイミングで換気をしたり、エアコンや除湿機など電気エネルギーを使って空気から水分を抜き取って捨てるという方法が最も効果的です。

さらに言えば、電気代が安いと言われているヒートポンプ式の除湿機よりもエアコンの除湿(弱冷房)の方が1.4~1.5倍除湿効率が高く省エネであることをご存知でしょうか?

今回は、巷で話題の除湿グッズからエアコンと除湿機を併用して効果的に部屋の湿度を下げる方法について、詳しくお話していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



タイトルとURLをコピーしました