【東芝エアコン】冷房は動くのに暖房がつかない原因と対処法

東芝エアコンの故障修理
t.tamaki
T.Tamaki (Electrician)


スポンサーリンク

東芝エアコンの四方弁の故障原因

東芝エアコンの暖房トラブルで多いのが、冷房はちゃんと動くのに暖房だけが動かないという症状です。

この場合の原因は大きく分けて、3つ考えられます。

  • 四方弁の故障
  • 制御基板の故障
  • 冷媒ガス漏れ

今回は、エアコンの冷房は動くのに暖房だけが動かない原因とその対処法について、詳しくお話していきます。

スポンサーリンク

冷房は動くのに暖房が動かない場合の主な原因

【原因1】四方弁の不具合

エアコンの冷暖房を切り替える四方弁

エアコンは室外機の中にある「四方弁」と呼ばれる弁を切り替えることによって冷媒の流れを変えることによって、冷房運転と暖房運転を切り替えています。

冷房運転時の冷媒の流れ

エアコンの冷房時の冷媒ガスの流れ

暖房運転時の冷媒の流れ

エアコンの暖房時の冷媒ガスの流れ

四方弁は弁のONとOFFを切り替える電磁コイルに電気を流したときに暖房の回路に、電磁コイルに電気が流れていないときは冷房の回路となるのが一般的です。

冷房回路のまま弁が固着してしまっていたり、電磁コイルが故障して弁を切り替えることができなくなってしまった場合、エアコン本体は暖房運転をしようとして四方弁を暖房回路に切り替えたつもりでも、実際の四方弁は冷房回路のままになってしまいます。

この四方弁故障の場合、不具合が出るのは暖房の場合のみで、冷房の場合は特に問題なく動くというのが特徴です。

一般的に四方弁が故障した場合はエアコンの方にエラーコード表示が表示され、動作停止してしまうことが多いですが、エアコンが故障を検知するまでに時間がかかってしまう場合があります。

暖房をつけたのに温かい風ではなく冷たい風が出てきているという場合は四方弁の不具合が疑われます。

四方弁故障の場合の修理料金の相場は以下のとおりです。

症状故障原因と修理費用相場
暖房が動かない
(冷たい風が出てくる)
【故障原因】電磁コイル(四方弁)の故障
【修理方法】電磁コイルの交換
【料金相場】1~3万円


【故障原因】四方弁本体の故障
【修理方法】四方弁の交換(ロウ付け)
【料金相場】8~17万円
【備  考】可能性は低い、メーカー保証(5年)の可能性有

※修理費用の相場はメーカーサポートに依頼した場合のおおよその金額となります。

単純に電磁コイル側の故障(レアリークやサビなどによる経年劣化の場合が多い)であれば電磁コイルを取り替えるだけで修理は完了します。

四方弁の電磁コイルの取り替え

電磁コイルの方は故障していないけれども、四方弁本体のほうが故障してしまった場合は溶接を伴う交換修理が必要となります。

この場合、修理費用が高額になってしまいますので、各種保証が切れてしまっている場合はエアコンの買い替えを検討したほうがいいでしょう。

四方弁本体は故障していないけれども、電磁コイルのほうが故障しているという場合、四方弁本体に磁石を当て弁を手動で操作することで回路を切り替えることもできます。部品調達までの時間稼ぎとして使えますが、室外機の分解を伴う危険な作業となりますので、業者の方に相談してみてください。

【原因2】制御基盤の故障

エアコン室外機の基盤が故障

冷房運転はできるのに暖房だけが動かないというケースでもう一つ考えられるのは基盤の不具合です。

まず、電磁コイルを取外して磁石などを使って四方弁を手動切り替えることができた(冷房運転も暖房運転も正常に行うことができた)場合、四方弁本体は故障していないということになります。

四方弁本体の切り替え動作は正常にも関わらず、暖房だけが動かないという場合は、電磁コイルをコントロールしている基盤の故障が考えられます。

基盤故障の場合、基盤の交換修理が一般的となり、メーカーサポートを利用した場合の修理費用は1~3万円程度になることが多いでしょう。

症状故障原因と修理費用相場
暖房が動かない
(冷たい風が出てくる)
【故障原因】基盤の故障
【修理方法】部品交換
【料金相場】1~3万円

ただ、基盤の不具合はちょっとしたことが原因となっていることがあり、本体リセット(コンセントの抜き差し)を行うことで自然と復旧することもあります。

エアコン点検を依頼する前に一度、本体リセットを試してみることをおすすめします。

【原因3】冷媒ガス漏れ

冷媒ガス漏れで暖房が効かない

エアコンの冷房は動くが暖房は効かないという症状でもう一つ考えられる原因は冷媒ガス漏れです。

エアコンの配管の中には冷媒ガスが充填されているのですが、その冷媒ガスが何らかの理由でエアコンの外に漏れ出てしまった場合、暖房運転を行っても室内機の吹出口から生ぬるい風しか出てこなくなってしまいます。

この室温と外気温の低い冬のタイミングで冷房運転に切り替えると室内機から冷たい風が出てくるので冷房は効くと思いがちですが、外気温、室温ともに低い状況で冷房運転を行っているのでエアコンにとって負荷がほとんどない条件での運転となるため、実際は冷媒ガスが漏れていることに気がついていないことがあります。

通常、ゲージマニホールドという専用の道具(圧力計)で暖房運転時の高圧圧力を測定したりして、ガス漏れの有無を確認していきます。

暖房運転時の冷媒ガスの高圧圧力測定

素人の場合はエアコン室内機の吸込空気温度(室内機上部の温度)と吹出空気温度(室内機の吹出口から吐き出される風の温度)の差が正常範囲にあるかどうかでガス漏れの簡易確認が可能ですので、そちらの方法を試してみるといいでしょう。

吹出吸込温度測定による冷媒ガス漏れの確認方法

エアコンの温風吹出温度測定による冷媒ガス漏れの確認方法は以下の通りとなります。

【STEP1】暖房運転、温度設定「高め」、風量「最大」にする

エアコン暖房の冷媒ガス漏れ確認方法

まずはじめに、エアコンを暖房運転にして、温度設定を最高、風量を最大に設定します。

【STEP2】吸込温度と吹出温度を測定する

次に、エアコンの吸込み温度としてエアコン上部(天井辺り)の空気温度を測定します。

エアコン暖房の吹出し温度と吸い込み温度

上記の温度計の場合、温度計の周りの温度をIN(下側)に表示しますので、この場合は吸込温度(天井付近の温度)が19.3℃ということになります。

次に吹出し温度は、温度計のセンサー部をルーバーの中辺りに設置したりして測定します。

このセンサー部で測定した温度は、先程の温度計のOUT(上側)に表示されるため、エアコンの吹出温度は40.8℃ということになります。

よって、エアコンの吸込温度と吹出温度の差は21.5℃(40.8℃ー19.3℃)となり、判断基準となる「16~23℃」の範囲内となるので、このエアコンは正常に動いていると判断することができます。

逆に、この吸込と吐出の温度差が16℃より極端に小さい場合、冷媒ガスが漏れてしまっている可能性が高いでしょう。

エアコン暖房の場合、室外機の接続部の配管温度は高くなっているため、冷媒ガスが漏れていてもこの部分の配管に霜(白い氷)が付くことはありません。冷房運転の場合のガス漏れ判定とはこの点が異なりますので注意が必要です。

冷媒ガス漏れの場合の修理料金の相場は以下のとおりです。

症状故障原因と修理費用相場
暖房が効かない
(生ぬるい風しか
出てこない)
【故障原因】冷媒ガス漏れ(継ぎ手部分)
【修理方法】ガス漏れ修理(フレア加工)とガスチャージ
【料金相場】1~3万円


【故障原因】冷媒ガス漏れ(配管パーツの腐食など)
【修理方法】ガス漏れ修理(ロウ付けまたは部品交換)とガスチャージ
【料金相場】8~17万円
【備  考】可能性は低い、メーカー保証(5年)の可能性有

※修理費用の相場はメーカーサポートに依頼した場合のおおよその金額となります。

エアコンガス漏れの修理料金の相場は、配管接続部などからの微量なガス漏れの場合は1~2万円程度で済むことがほとんどです。

稀に、熱交換器などからガス漏れが発生してしまっているような場合は、大掛かりな部品交換や溶接などの作業が必要となる可能性もあり、その場合は修理費用が高額になることがあります。

次のページでは、修理を依頼する前に試しておきたい東芝エアコンの本体リセット方法や強制起動の方法についてお話していきます。

スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました