日立製エアコンのリモコン
日立エアコンの故障修理

日立製エアコンのリモコンが故障した場合の対処法


この記事は、「空調機器の設計開発」や「エアコン取付修理」に経験のある電気工事士が解説しています。
スポンサーリンク

日立製エアコンのリモコン

エアコンのリモコンが急に反応しなくなってしまうと困ってしまいますよね。

日立製エアコン(白くまくんなど)のリモコンが故障してしまった場合、リモコンを買い換えることで対処することができます。

また、同じメーカーのリモコンであればそれで代用することも可能ですし、リモコンを使わずにエアコンを強制起動する方法もあったりします。

今回は、日立エアコンのリモコンが壊れてしまった場合の対処法についてお話していきます。

スポンサーリンク

リモコン本体の故障確認方法

急にリモコンが効かなくなってしまった場合、リモコンが故障したのか、それともエアコン本体が壊れたから反応しなくなったのか、その原因を突き止めないといけません。

リモコンはボタンを押すと、リモコンの先端にある赤外線ランプ(赤外線という肉眼では見えない波長の光を発するランプ)が点滅する仕組みで動いていますので、デジカメやスマホのカメラを使ってちゃんと赤外線が出ているかどうか確認してみましょう。

エアコンのリモコン故障の赤外線を確認

エアコンのリモコン故障の赤外線をスマホで確認

リモコンが正常に動いていたら、このようにリモコンの先端の発光部が赤くピカピカと点滅している様子が確認できます。

もし、リモコンのボタンを押してもその光が出ていないのであれば、リモコンが故障しているということが分かります。

稀に、特定のボタンだけ故障していて赤外線の光が出ていないということがありますので、全てのボタンで赤外線が出ているかどうか確認してください。

iPhoneの背面カメラ(通常の写真撮影で使う側)は赤外線が映らない物が使われています。正面ディスプレイ側についているインカメラは赤外線が写りますので、そちらに切り替えて確認してみてください。

この他にも、リモコンが正常に作動している場合、AMラジオを使って、そのリモコンから漏れ出るノイズを聞くことが出来ます。

日立エアコンのリモコンの動作をラジオで確認

AMラジオを使ったリモコン動作の具体的な方法はこちら。

  1. ラジオのスイッチをAMに合わせる
  2. ダイヤルを回して放送の無い周波数に合わせる
  3. 音量を大き目にする
  4. リモコンをラジオに近づけ、リモコンのボタンを押す
  5. 「ジッ、ジッ、ジッ」とか「ガッ、ガッ、ガッ」というような雑音が聞こえるか確認する(結構大きな音がします)

このパルス状の雑音が聞こえたら、リモコンは正常に動作している(反応している)ことが分かります。

リモコンが故障してしまった場合、同じ型番のリモコンを購入すれば再びエアコンが使えるようになります。

応急運転による動作確認方法

日立製エアコンの応急運転ボタン

日立(白くまくんなど)のエアコンには前面パネルを開いたところや本体の右下あたりに応急運転ボタン(電源ボタン)がついています。

ちょっとした不具合の場合、この応急運転スイッチで起動すればエアコンを一時的に復旧する事ができる場合があります。

具体的な操作方法については説明書を御覧いただきたいのですが、日立製のルームエアコンの場合、以下のような手順で強制起動することができます。

  1. 室内機の右下の方にある自動運転スイッチを押す
  2. 応急運転が開始される
  3. 再度、自動運転スイッチを押す
  4. エアコンが停止する

日立製エアコンの応急運転は室温や外気温によって自動的に最適な運転モードが選ばれる仕組みになっているため、夏場の場合は冷房運転で、冬場の場合は暖房運転で起動します。

この応急運転でエアコンが正常に動いた場合、エアコンのメインとなる冷房や暖房機能は故障していないということを確認することができます。

なお、途中でエアコンが停止し、室内機のランプが点滅し始めた場合は、エアコンが故障してしまっている可能性が高いといえます。

応急運転スイッチは5秒以上押さないでください。応急運転ボタンを5秒以上長押ししてしまった場合、販売店やサービスマンがエアコン修理や取り外しの際に行う強制冷房運転(タイマーランプが2回点滅)がはじまってしまいます。誤って強制冷房運転をしてしまった場合は、応急運転スイッチをもう一度押し、強制冷房運転を停止してください。

この応急運転スイッチでエアコンを強制起動した結果、ちゃんとエアコンが動いたようであればエアコンの基本機能は正常ということになります。

この場合、リモコン本体が故障しているか、または室内機本体側のリモコン受光部が故障している可能性が考えられます。

買換前に試しておきたいリモコンのリセット方法

エアコンのリモコンはちょっとしたことが原因で誤作動を起こしてしまうことがあります。

簡単なリセット操作で復旧する場合もありますので、以下の手順でリモコン本体のリセットを行ってみましょう。

リモコンのリセット手順

  1. 電池を抜く
  2. 電池を抜いたまま1分間放置する
    (またはリモコンのいずれかのボタンを15秒長押しする)
  3. 電池を入れ直す

リセット作業後、もう一度リモコンの動作確認を行い、正常に動くようであれば今回の不具合はリモコンの誤作動だったということになります。

リモコンは修理より買換がおすすめ

エアコンのリモコン故障の場合、修理するよりも買い替えの方が安くて早いのでおすすめです。

リモコンの購入方法は大きく分けて3つの方法に分けられます。

新品で純正リモコンを購入する

エアコンの純正リモコンは、家電量販店や電気屋さん、ネットショップなどで購入することができます。

純正リモコンの相場価格は、新品であれば3000~6000円程度となります。

具体的な購入方法としては、まずリモコンに記載されている「型番」をメモしていきます。

そのメモを持って家電量販店や電気屋さんに行き、「この型番のエアコンのリモコンがほしいのですが・・・」と店員さんに声をかければリモコンをメーカーから取り寄せてもらうことができます。

また、最近ではネットショップなどでも純正リモコンを販売しているところがありますので、WEB検索で「エアコン リモコン 型番(←型番を打ち込む)」で検索すれば同じ型番のリモコンを購入することができます。

中古で純正リモコンを購入する

できるだけ安くリモコンを手に入れたい場合、ヤフオクやメルカリなどで中古品を探してみるのが効果的です。

中古の純正リモコンの相場は、1000~3000円となっていますので、新品で純正リモコンを購入するより安く手に入れることができます。

オークションサイトなどを利用したことがない場合、一部のネットショップなどでも中古のリモコンの販売をしているところもあります。この場合は、WEB検索で「エアコン リモコン 中古 型番(←型番を打ち込む)と検索して中古リモコンを探してみましょう。

汎用リモコンを購入する

エアコンのリモコンが故障した時に購入した汎用リモコン

エアコンのリモコンには、純正リモコン以外にどのメーカーでも使える汎用リモコン(1000~2000円)というものも存在しています。

汎用リモコンは家電量販店などで購入でき、説明書に記載の通りに初期設定を行っていく(メーカー別に設定されている番号をリモコンに設定する)だけで家のエアコンのリモコンとして使えるようになるというものです。

エアコンの汎用リモコンの設定方法

汎用リモコンは安い割に液晶画面が大きかったり、バックライト付きで見た目はなかなかいい感じものが多いという印象です。

ただ、汎用リモコンは運転モード(冷房や暖房などの切り替え)や風量、風向きなどの基本的なことは出来ますが、空気清浄やイオン発生の切り替え、カビガード機能、フィルター掃除ボタンなどの細かな設定までは出来ないこともあります。

多機能で高価なエアコンを使っている場合、汎用リモコンだけではすべての機能をカバーできない可能性が高いですので、そのあたりのことも考慮してリモコンを購入することをおすすめします。

まとめ

日立製エアコンのリモコンが壊れてしまった場合、とりあえずは強制起動ボタンや同じメーカーのエアコンのリモコンなどを使ってその場をしのいでいきましょう。

リモコンは修理よりも買い替えのほうが安くて簡単なので、リモコンの裏などに書かれている型番しらべて同じものを購入していきましょう。

エアコンの基本機能しか使わないようであればホームセンターや家電量販店に売られている汎用リモコンなどでも代用できますので、参考にしてみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました