エアコンがつかない5つの原因と対処法まとめ

【原因その1】エアコンのコンセントが抜けている

冷房や除湿を使い始める夏先や、暖房を使い始める秋頃の場合、シーズンオフにエアコンのコンセントを抜いたままリモコンの操作をしている事があります。

エアコンのコンセントが抜けている

ルームエアコンのコンセントは室内機側に一つだけしかありませんので、コンセントがしっかり挿さっているかどうかを確認してみてください。

この他に、エアコンのコンセントは挿したままブレーカーだけを落としているケースもありますので、分電盤中にあるエアコンのブレーカースイッチも一度確認してみるといいと思います。

分電盤

分電盤の中のエアコンブレーカー

エアコンのブレーカーだけ切ってある場合、上記のような感じになっている「◯(開放、つながっていない)」と思いますので、そのスイッチを操作してエアコンのコンセントに電気を流してあげましょう。

エアコンのブレーカーがON

【原因その2】リモコンが故障(電池切れ)している

昨日までちゃんとエアコンが動いていたのに、急にエアコンがつかなくなった場合、エアコン本体ではなく、リモコンのほうが故障している可能性があります。

エアコンがつかない

例えば、単に電池切れという事もありますし、それ以外の原因でリモコンから赤外線信号が発せられていないという事も考えられます。

リモコン故障の対処法については、こちらの記事にまとめてあります。

>>【リモコン故障】DIY修理やエアコンの応急運転方法まとめ

リモコンを使わず応急運転する方法などについても上記の記事で紹介していますので、リモコンの故障が疑わし場合は一読してみてください。

【原因その3】エアコンカバーをつけたままにしてしまっている

冬場などエアコンを長期間使わない場合、エアコンカバーをかけておくことがあると思います。

このエアコンカバーでよくあるのが、室内機側は外したのだけれど、室外機側のエアコンカバーを外し忘れているというケースです。

エアコンの室外機にカバーが付いている

室外機にエアコンカバーをかけたまま電源を入れた場合、一度は室内機は動作するものの、数分ですぐに動かなくなってしまうことと思います。

このことが原因の場合、室外機のカバーを外した後にエアコンのリセット(コンセントを抜き差しする、リモコンのリセットボタンを長押しする)などの動作を行えばOKです。

これと似たシチュエーションで、室外機の周りを荷物などで囲んで塞いでしまったりしている場合も、同様のことが起こってしまいます。

久しぶりにエアコンを動かす場合は室外機周りの状況も一度確認してみることをおすすめします。

次のページでは、エアコンがつかない原因4~5についてお話していきます。




タイトルとURLをコピーしました