エアコンがつかない5つの原因と対処法まとめ

【原因その4】除霜運転を行っている(冬場の暖房)

冬場の暖房だけに限った話ですが、エアコンの場合、霜取り運転と呼ばれる室外機についた霜を溶かすプログラムが作動している場合があります。

除霜運転中は、室内機のファンは停止、または微風となり、室外機は圧縮機は動作している(ブゥーンという低い音はなっている)ものの、室外機のファンは停止している状態になっています。

一般的には、霜取り運転は「暖房(数時間)→除霜運転(数分)→暖房・・・」というパターンで行われますが、何らかの理由で暖房運転開始時に室外機に霜がついたと判断された場合、暖房の開始直後から行われることもあるため、数分から十数分の間、エアコンから暖かい風が出てこないことがあります。

室内機は動いていないけど室外機からはブゥーンという音がしている場合、しばらく待っていれば暖房が開始されます。

【原因その5】エアコンが故障している

エアコンが動かない原因がエアコン故障である場合、基本的には室内機のランプやリモコンの表示にエラーコードが表示されます。

>>【エアコン故障】室内機のランプが点滅して動かない原因と対処法

室内機のランプが点滅(点灯ではない)している場合、まずは下記の方法でエアコンをリセットしてみてください。

【リセット方法その1】電源コードを抜く

エアコンのコンセントが抜けている

エアコンをリセットさせる一番簡単な方法は、室内機の電源コードを抜くという方法です。

一般的な家庭用のルームエアコンの場合、室外機の方にリセットボタンはありません。

エアコンをリセットしたい場合、室外機の電源も室内機から出ている電源コードから電気が供給されているので、この室内機側のコンセントを抜き差しすれば強制的にリセットすることができます。

室内機のランプがピカピカと点滅していたり、リモコンにエラー表示が出ているような場合は、一度この方法を試してみましょう。

ここでのポイントは、コンセントを抜いてからすぐに差し戻して再起動してみて、それでも駄目ならコンセントを抜いた状態で1時間程度放置してから再始動してみるということです。

ちょっとした起動エラーであれば、単純なコンセントの抜き挿しだけでエラー復帰することがよくあります。

【リセット方法その2】リモコンのリセットボタンを押す

エアコンのリモコンにリセットボタンがある場合は、それを爪楊枝などで押してリセットする方法があります。

特に、リモコンの電池を変えた後などはエアコンとリモコンの通信がうまく行かず、エアコンが動かないということがよく起こります。

電池交換の直後にエアコンが動かなくなった場合などは、この方法を試してみるといいと思います。

これらの操作を行っても、引き続きエアコン本体にエラーが出てしまっている場合、エアコンが動かない理由はリモコンの故障ではなく、エアコン本体の故障となります。

エアコンの故障については、下記の記事が参考になると思います。

>>【エアコン故障!?】室外機が動かない(回らない)原因まとめ

>>【エアコン】ガス漏れの原因と修理料金相場について

最後に一言

今回は、エアコンがつかない5つの原因と対処法についてお話しました。

久しぶりにエアコンを使う場合は、電源周りやエアコンカバー、リモコンの電池などを確認してみてください。

多くの場合は、それらのどれかがエアコンがつかない原因となっています。

急にエアコンが動かなくなった場合は、エアコンにエラーコードが出ていないか、ブレーカーが落ちてしまっていないかなどを確認すると良いでしょう。

エアコンは家電製品なので、ちょっとしたことでつかなくなってしまうことがあります。

まずはそのあたりのことを疑っていって、自分で対処してみるのがいいと思います。

エアコンのが動かなかったり、エラーコードが表示される多くの場合は、エアコンの再始動で解消されます。

>>【エアコンのエラーコードリセット】動かない室外機を再始動させる方法

ただ、設置から7~8年経過してくると、故障で動かなくなることも増えてきますので、そのような場合は買い替えや修理の検討をしていく必要があります。

真夏の猛暑のタイミングなどでエアコンが故障した場合、メーカーサポートは人手が圧倒的に足らないため、修理に来てくれるタイミングが遅くなる傾向があります。

また、エアコンを見に来てくれたとしても、手持ちのパーツですぐに修理ができない場合、実際の修理作業は後日になることもよくあります。

どちらかと言えば、修理ができる人(メーカーサポート)より、単純にエアコンを取り付けることができる人の方が絶対的にたくさんいます(取り付け作業は比較的単純な力仕事になる)ので、なるべく早く部屋を涼しくしたい人は思いきってエアコンを購入して取り付けてもらったほうがいいのかもしれません。

この辺りは、メーカーサポートやお店などに実際に電話して聞いてみたりして、自分の希望する価格や納期を考慮して決めていくのがいいと思います。

それでは!




タイトルとURLをコピーしました