【湿度が下がらない】エアコン除湿が効かない原因と対処法まとめ

エアコンの除湿運転の動作原理について

まずはじめに、エアコンの除湿運転の原理についてお話していきます。

エアコンの除湿運転は別名「弱冷房」と呼ばれているのですが、基本的には冷房運転と同じような形で動作しています。

具体的には、室内機の配管内に冷たい冷媒という液体(気体のときもある)が入ってきて、それがアルミフィンを冷やします。

出典)エアコンの秘密|原子力の科学館あっとほうむ

そのアルミフィンの間を部屋から取り込まれた空気が通過することによって、吹出口から冷たい風が出てくるというのがエアコンの冷房運転です。

ここで知っておきたいことは、暖かい空気(温度が高い空気)は冷たい空気(温度が低い空気)よりたくさんの水分を含むことができる性質があるということです。

このことは大学の工学部などで湿り空気線図というものを勉強するとよく分かるのですが、そのことを話し出すと話が長くなってしまうので、詳しいことは省略します。

ただ、真夏に氷水を入れたコップの外表面に水滴が付くのをイメージしてもらうとよく分かるのですが、たくさんの水分を含んでいる湿った温かい空気がコップの外表面にぶつかり冷やされると、冷たくなった空気はたくさんの水分を保持しておくことができません。

その結果、コップの表面に空気が持っていられなくなった水分が付着します。

エアコンの内部でもこれと同じことが起こっていて、室内機が吸い込んだ空気が冷たいアルミフィン部を通過する際、冷たくなった空気が持っていられなくなった水分がアルミフィン部に付着します。

冷却フィンとドレン皿、ドレンホースのイメージ図

そして、冷却フィンについた水分が水滴となってドレン皿に落ち、それがドレンホースを伝わって室外に排出されます。

エアコンのドレンホースから出てくる水

ここまで話を進めるとわかってくると思いますが、室外機の脇にあるドレンホースからポタッ、ポタッ・・・と出てきている水は、元々は室内の空気が持っていた水分です。

これがエアコン除湿の動作原理です。

ちなみに、エアコンの冷房運転と除湿運転の主な違いは、部屋を冷やす冷房能力(室外機のコンプレッサーの出力)の違いです。

  • 冷房運転;冷却能力が大きく、消費電力も大きい
    ↑部屋を冷やしたい時に使う
  • 除湿運転;冷房能力が小さく、消費電力も小さい(弱冷房とも言われている)
    ↑部屋は冷やしたくないが、除湿はしたいときに使う

ここまで話を進めると大まかにエアコンの除湿の原理が分かってくると思います。

ただ、よく素人の人が混乱してしまうことの代表例として挙げられることは、除湿運転よりも冷房運転の方が除湿能力が大きい(冷房運転>除湿運転)という点です。

これはどういうことかというと、エアコンで除湿できる水分の量というのは、室内から奪った熱の量と比例関係にある、つまりエアコンはたくさん部屋を冷やしている(コンプレッサーが元気よく回っている、電気をたくさん消費している)時にたくさんの水分を室外に排出する仕組みになっています。

ですので、冷房能力の小さい弱冷房(除湿運転)では、除湿できる水分の量も少なくなってしまうというわけです。

少しがっかりなところもあると思いますが、エアコンの除湿モードは、熱負荷が小さい(部屋の温度がそんなにも高くない)ときなどにちょっとだけ部屋を冷やすことで、ちょっとだけ部屋の中にある水分を部屋の外に出してやる機能だと思ってもらえればいいと思います。

ですので、梅雨の時期や夜間などの部屋がそれほど暑くない(室温が高くない)状態で除湿運転をしても、部屋の中の空気が持っている水分量のほうがエアコンで除湿できる水分の量よりも圧倒的に多いため、除湿運転をしていても体感的には部屋がジメジメしたままで湿度が下がらないという結果になってしまいます。

次のページでは、エアコンの除湿能力を高める具体的な方法についてお話していきます。




タイトルとURLをコピーしました