室外機の修理と費用相場

室外機の修理代はいくらになる?正確な修理費用を調べる2つの方法

エアコン室外機の故障原因

この記事は、「空調機器の設計開発」や「エアコン取付修理」の現場経験が豊富な電気工事士(たいちゃん)が解説しています。
たいちゃん
たいちゃん

あなたの困りごとが解決するまで全力でサポートします

室外機の修理費用のざっくりとした相場は使用年数で分かります。なるべく正確な修理代金が知りたいという方向けに、故障原因から修理費用を調べる方法について紹介します。

室外機の修理代の相場

たいちゃん
たいちゃん

修理費用はエアコンの使用年数で変わってくる傾向があります

初期不良となる1年以内は製品不良や工事不良が原因であることが多く、メーカー保証や工事業者の手直し対応など、無償で直してもらえることが大半です。

設置から2~10年の期間は電気系統の不具合が多いため、販売店保証がなどがない場合、修理代は2~4万円程度になることが多いでしょう。

10年以上経過している場合の修理費用は大半が3~5万円程度となりますが、冷媒ガスが循環している冷凍サイクル関連部品の故障の場合、修理費用が高額(~十数万円)となり、買い替えたほうがオトクな場合も出てきます。

使用年数故障部品修理費用の相場
10年以内
  • 基盤
  • ファンモーター
  • 温度センサー
  • 電磁コイル
    (四方弁や膨張弁)
  • ガス漏れ
    (フレア継手部)
2~5万円
10年以上
  • 圧縮機
  • 四方弁
  • 膨張弁
  • 熱交換器
    (ガス漏れ)
~十数万円

正確な修理費用が知りたい場合

正確な修理費用は2つの方法で調べることができます。

【方法1】修理の見積もりを業者に依頼する
プロによる修理費用の見積もりのため正確な金額を知ることができる
【方法2】自分で調べる
室外機の動作やエラーコードから故障原因を調べて修理料金の一覧表で確認する

業者によるエアコン点検は基本的に有償(3,000~5,000円)となりますが、専門知識のあるサービスマンがエアコンを点検するため、正確な修理費用を知ることができます。

故障原因がわかれば、業者を呼ぶ前に自分で修理料金を調べることも可能です。

たいちゃん
たいちゃん

知識がなくても大丈夫です

一番壊れやすい基盤(2~4万円)

室外機の主な故障原因(基盤の位置)エアコンの室外機が動かなくなる原因で一番多いのが基板の故障です。

基盤は各部のパーツに司令を出したり、電気を供給したりする役割があります。基板が壊れてしまうと室外機が全く動かなくなったり、ファンや圧縮機が回らなくなったりと、様々な症状を引き起こしてしまいます。

年式の新しいエアコンでも故障してしまうことがありますが、部品交換で直ることがほとんどなので修理費用がそこまで高くなる心配はありません。

項目内容
修理費用の相場2~4万円程度
修理 or 買い替え修理がおすすめ

>>基盤故障の詳しい解説

二番目に多いファンモーターの故障(1.5~2.5万円)

室外機の主な故障原因(ファンモーター)基盤故障の次によくあるのが、室外機のファンを回しているモーターの故障です。

室外機は部屋で吸収した熱を外に出す役割があるため、ファンを回すモーターが壊れてしまうとエアコンが効かなくなります。

設置から5年以上経過したエアコンで壊れることが多く、部品交換(モーター部分のみ)で直ることが多いでしょう。

項目内容
修理費用の相場1.5~2.5万円程度
修理 or 買い替え修理がおすすめ

>>ファンモーター故障の詳しい解説

故障原因が特定しづらい温度センサーの故障(1~2万円)

室外機の主な故障原因(温度センサー)

温度センサーは室外機を制御するための情報(各部の温度)を計測するための部品です。

温度センサーが壊れると室外機の動作が不安定になり、エアコンの効きが悪くなります。

温度センサーの故障は修理で簡単に直すことができるのですが、どの温度センサーが壊れたのか特定するのが難しく、経験やノウハウが必要な場合もあります。

項目内容
修理費用の相場1~2万円程度
修理 or 買い替え修理がおすすめ

>>温度センサー故障の詳細はこちら

修理が難しい場合もある弁関連部品の故障

室外機の主な故障原因(四方弁、電子膨張弁)

故障内容によっては修理が難しいこともあるのが弁関連部品の故障です。

四方弁や電子膨張弁などの部品には冷媒の流れをコントロールする役割があります。これらの部品が壊れてしまうと、冷房と暖房の切替ができなくなったり、エアコンの効きが悪くなったりします。

電磁コイル(電子部品)の故障であれば簡単な修理となりますが、弁本体(冷凍サイクル)が壊れると修理は困難であるため買い替えの検討が必要です。

項目内容
修理費用の相場1~2万円程度(電磁コイルが故障の場合)
修理 or 買い替え修理がおすすめ(電磁コイルが故障の場合)
買い替えがおすすめ(弁本体が故障の場合)

>>弁故障の詳細はこちら

圧縮機の故障はエアコンの寿命と考える

室外機の主な故障原因(圧縮機)

頻度としては多くないものの、致命的な故障となってしまうのが圧縮機の故障です。

圧縮機は熱を運ぶ役割の冷媒ガスを循環させるポンプのような役割を担っています。圧縮機が壊れてしまうとエアコンが全く効かなくなってしまいます。

圧縮機が壊れるのは設置から10年以降のことが多く、修理費用が高額になってしまうことから、圧縮機の故障はエアコンの寿命と考え、買い替えとなるケースがほとんどです。

項目内容
修理費用の相場ー(修理は高額)
修理 or 買い替え買い替えを検討

>>圧縮機故障の詳細はこちら

継手部分なら修理可能な冷媒ガス漏れ

室外機の主な故障原因(熱交換器と配管など)

室外機の故障で稀にあるのが熱交換器や配管の不具合による冷媒ガス漏れです。

冷媒ガスが漏れ出してしまうと、エアコンの効きが悪くなります。

ガス漏れがフレア継手部分であれば簡単な修理で済みますが、熱交換器などからのガス漏れの場合は買い替えの検討が必要です。

項目内容
修理費用の相場1.5~2.5万円程度(フレア継手部分の場合)
修理 or 買い替え修理がおすすめ(フレア継手部分の場合)
買い替えがおすすめ(熱交換器の場合)

>>冷媒ガス漏れ修理の詳細はこちら


関連コンテンツ

ヒーポンテック
タイトルとURLをコピーしました