【ガスチャージ】冷えないエアコンに冷媒ガスをDIY補充する方法

エアコンガスチャージの具体的な方法

ここからは、エアコンガスチャージの具体的な方法についてお話していきます。

【STEP1】室外機のカバーなどを外す

まずはじめに、プラスドライバーなどを使って、室外機の横側についているカバーを取り外していきましょう。

室外機のカバーを外すプラスドライバー

室外機のカバーを開いたところ

室外機のカバーを取り外すことが出来たら、太い方の配管についているサービスポートのナットカバーをモンキーレンチで取り外していきます。

モンキーレンチでチャージポートのキャップを外す

接続ポートのナットキャップを取り外したところ

写真ではそれ以外のナットキャップも取り外されていますが、今回の方法では、接続ポートのキャップのみを取り外せばOKです。

【STEP2】温度計を室内機に取り付ける

次は、冷媒ガス補充の目安となる室内機の吸込み温度や吹出し温度を測定するための温度計を設置していきましょう。

室内機の吸込み温度は、エアコン上部に温度計本体を設置して測定します。

エアコンの吸込み温度を測定

室内機の吹出し温度は、先程の温度計のセンサー部を吹き出し口の内部に設置して測定しました。

あと、室外機の戻り配管については、非接触タイプの温度計を使いますので、その温度計を室外機の近くにおいておきましょう。

【STEP3】エアコンを強冷房の状態で運転する

エアコンガスチャージの強冷房設定する

次に、エアコンを強冷房の設定にして、圧縮機が全速で回転するような状況を作り出しましょう。

リモコンで冷房モードにし、室温は最低、風速を最強に設定していきます。

この時、室温が25℃以上あれば問題なく強冷房になると思いますが、室温が設定温度付近になると圧縮機の回転数が落ちてくる可能性があります。

そうなってくると、冷媒ガス補充が上手く行きませんので、できるだけ暑い日の昼間などに、窓を全開に開け放って、室温が高い状態で行うことがおすすめです。

【STEP4】ゲージマニホールドと冷媒ガスボンベを接続

ゲージマニホールドと冷媒ガスボンベを接続する

次は、ゲージマニホールドの真ん中にチャージホースをつなげ、チャージホースのもう片方を冷媒ガスボンベに取り付けていきます。

冷媒ガスボンベ側は、先ほどお話したようにF5/16をF1/4に変換するアダプターを取り付け、その後、チャージホースをつなげていきます。

冷媒ガスボンベには変換アダプターをつける

冷媒ガスボンベにチャージホースを取り付け

冷媒ガスタンクにチャージホースが接続されたところ

この時、まだ冷媒ガスボンベのバルブには触らず、全閉の状態にしておきます。

ゲージマニホールド側は、真ん中の接続ポートにチャージホースのもう片側を接続していきます。

エアコンのガスチャージで使うゲージマニホールド

ゲージマニホールドにチャージングホースを接続

【注意】

今回はサイフォン管付きの冷媒ガスボンベを購入したので正立のままチャージホースを取り付けていますが、サイフォン管が付いていない場合、逆さまにして冷媒ガスを取り出す必要がありますので、ご参考まで。

次のページでは、冷媒ガスチャージの具体的な方法STEP4~6についてお話していきます。




タイトルとURLをコピーしました