【エアコン故障!?】室外機が動かない(回らない)原因と対処法まとめ

エアコンの室外機が動かないランプが点滅して動かない

【故障原因その4】四方弁の故障

エアコンは夏場の冷房運転と冬場の暖房運転では、配管の中を流れる冷媒の流れ方が異なります。

エアコンの暖房時と冷房時の冷媒ガスの流れについて

その冷媒の流れる向きを切り替えるために取り付けられているのが四方弁と呼ばれるパーツ(上記の図では可逆弁と書かれている)です。

この四方弁やその四方弁を動作させるための電磁コイルなどが故障し、四方弁が作動しなくなると、エアコン本体は暖房運転をしているつもりでも、実際の冷媒の流れは冷房運転になってしまっているため、吹出口からは冷たい風が出てきてしまうということがあります。

仮に四方弁本体が故障した場合、パーツを交換するためには室外機から冷媒を抜き取り、溶接でパーツの付け替えとなるので、修理費用は安いエアコンを購入するのと変わらないぐらいかかってしまうことがあります。

一昔前に、この四方弁そのもの不良でこういった故障が頻発したという自体もありましたので、エアコントラブルの中でも比較的有名な故障パターンという認識をしてもらっているといいのではないかと思います。

ちなみに、四方弁の交渉の場合、動作しないのは暖房運転だけとなることが多く、冷房運転や除湿運転は問題なく動くというケースも多々見受けられます。

このような場合、エアコンを修理せずにそのままの状態でも、暖房を使わないのであれば、冬場はエアコンを使わずに他の暖房器具に切り替えて乗り切り、夏場の冷房や除湿のみそのエアコンを活用していくという選択肢もあったりしますので、ご参考まで。

【故障原因その5】冷媒ガス漏れ

エアコンは冷媒というものを使って、室内の熱を室外に移動させることによって、エアコンから冷たい風を出すという仕組みで動いています。

基本的にはこのエアコンの内部に封入されている冷媒が漏れてなくなるということはありませんが、稀に配管の腐食や初期不良、取り付けミス等によって冷媒が漏れ出してしまうことがあります。

エアコン内部の冷媒が少なくなってくると、室内機から室外機に運び出せる熱の量が少なくなったり、室外機側の温度が下がってしまって上手く排熱ができなくなったりしてしまいます。

エアコン内部の冷媒が完全になくなってしまうとエラーコードが表示されてエアコンは室内機、室外機共に完全に動かなくなってしまいますが、中途半端に冷媒が少ない状態だとエラーコードは出ないもののエアコンは冷えないという感じになります。

エアコンが冷えない原因が冷媒漏れかどうかを見た目だけで判断する方法は以下の通り。

冷媒漏れの症状その1

室外機の配管に露(つゆ、水滴)ではなく霜(霜、白色)がついている場合、冷媒が漏れている可能性があります。

エアコンガス漏れで配管に霜がつく

冷媒漏れの症状その2

室内機のアルミ製の熱交換器の一部だけが冷えて霜や氷が付いている場合は冷媒漏れを起こしている可能性あります。

ガス漏れによるエアコン水漏れ

この部分に着氷がひどい場合は、エアコン停止後などに本体からの水漏れが発生する場合もあります。

エアコンの室外機が動かなくなった時にこのような症状が出ている場合、冷媒ガス漏れが故障の原因かもしれません。

ただし、上記のような症状が出るのは古いタイプ(圧縮機が一定速)のエアコンで冷媒ガス漏れを起こした場合にみられるもので、最近主流のタイプ(圧縮機がインバーター制御の可変速)のエアコンの場合、上記のような症状が出ずエラーコードのみ表示されて室外機が止まってしまうこともあります。

エアコンの冷媒が漏れてしまっている場合は、冷媒を再充填すれば元のように動くのですが、冷媒が漏れた原因を見つけ出し、そこを修理しなければまた同じようにエアコンが冷えなくなる可能性があります。

エアコン充填費用はおおよそ1~1.5万円が相場で、エアコンの冷媒漏れがある場合はプラス1~2万円ほど必要になる場合があります。

エアコン取り付け直後の冷媒漏れの場合はエアコン本体の初期不良や取り付けミスなどが原因である可能性が高く、取り付けから数年後の冷媒漏れはエアコン配管の腐食が原因のことがほとんどです。

エアコンの冷媒漏れについて詳しく知りたい方は、こちらの記事が参考になると思います。

>>エアコンのガス漏れ故障の原因と冷媒ガス補充の修理料金について

修理の見積もりや買い替えの検討を行う

エアコン故障の原因がある程度分かってきたら、修理費用について調べていきましょう。

エアコンの修理や買い替えについては、賃貸住宅のエアコンが故障したのか、自宅のエアコンが故障したのかで対処方法が少し変わってきますので、それぞれのケースについて解説していきます。

賃貸住宅のエアコンが故障した場合

賃貸住宅の場合、そのエアコンが自分のものか、大家さんのもの(管理会社のもの)かによって修理や買い替えの方法が変わってきます。

まず、エアコンが自分の持ち物の場合、エアコンの修理や買い替えの手配も自分で行い、費用の精算も入居者の実費で行う形となります。

逆に、賃貸住宅のエアコンが入居時から据え付けられているものの場合、エアコンの修理や取り替え費用は大家さん持ちになることがほとんどです。

この場合は、エアコンが故障した旨を管理会社や大家さんに伝えれば、そちらの方で色々と手配してくれることになります。

このケースの注意点としては、業者の人に来てもらったにもかかわらず、エアコンが故障していなかった(入居者の人のうっかりミスが原因など)場合、数千円の出張料が入居者に請求される場合もありますので、本当にエアコンが故障しているかしっかりと事前に確認しておくことが大切です。

エアコンが故障しているかどうか判断する自信がない場合は、メーカーサポートなどに問い合わせてみるのも一つの手ですのでご参考まで。

>>【エアコン故障】メーカー別サポートセンター連絡先

自宅のエアコンが故障した場合

自宅のエアコンが故障した場合、エアコンを買い換えるか修理するか検討していく必要があります。

エアコンを買い換えるか修理するかをどのように判断すればいいかということについては、ざっくりと以下のような判断基準を考えておくといいでしょう。

  1. メーカー保証や販売店保証(有料長期保証など)がある場合 → 修理
  2. 保証は切れているがまだ比較的新しく、修理費用も安めな場合 → 修理
  3. 保証も切れていて、取り付けから10年以上経過している場合 → 買い替え

1.メーカー保証や販売店保証(有料長期保証など)がある場合

エアコンのメーカー保証や販売店保証(有料長期保証など)の適用期間内である場合は、エアコンを無料で修理してもらえることになります。

この場合は、エアコンの保証書や購入時のレシートなどを手元に用意し、メーカー保証の場合はメーカーサポートに、販売店保証の場合は販売店に問い合わせていきましょう。

>>【エアコン故障】メーカー別サポートセンター連絡先

ちなみに、メーカー保証は購入から1年が一般的ですが、冷媒回路に関しては5年保証になっていることもありますので、取扱説明書などをしっかりと確認してみてください。

2.保証は切れているがまだ比較的新しく、修理費用も安めな場合

エアコンの保証は切れてしまっているけれども、まだ比較的新しく、エラーコードの内容などから推定される修理費用が安めな場合は修理を検討してくのがいいと思います。

例えば、エアコンの耐用年数の考え方として、設計上の標準仕様期間(10年、メーカーの推奨値)やエアコンの平均使用年数の統計値(13~14年、ユーザーの実際の買い替え期間の平均値)を目安に考え、それよりもかなり早く壊れてしまった場合は修理することも視野に入れるといいでしょう。

エアコンの標準設計年数

出典)家庭の省エネ – 経済産業省・資源エネルギー庁

それに加えて、エアコンに表示されているエラーコードなどから修理費用が比較的安めであるという推測ができるような場合は、修理することを前提に話を進めていくのがいいと思います。

>>【エアコン故障】メーカー別修理費用相場まとめ

>>【エアコン故障エラーコード】室内機ランプが点滅して動かない原因と対処法

このような場合の修理の依頼先はメーカーサポートかそのエアコンの購入先のお店となります。

>>【エアコン故障】メーカー別サポートセンター連絡先

特に町の小さな電気屋さん(比較的狭い地域のお客さんを対象としているイメージ)の場合は他人が取り付けたエアコンは修理したくない(自分のお店で買ってくれたエアコンは責任を持って有料修理する)という場合もあったりしますので、エアコン修理はメーカーサポートか、エアコンの購入先に依頼するのがベターです。

特に、真夏日が続く日などにエアコンが壊れてしまった場合、メーカーサポートや町の電気屋さんは手一杯ですぐには対応できないという場合も多々あります。

そういった場合は、エアコン修理を専門としている業者(比較的広範囲のお客さんを相手にしている)もあったりしますので、そういったエアコン修理サービスを利用するのも一つの手だと思います。

その場合、修理の電話をする際に現地で見積もりだけをしてもらうためにかかる費用(修理はしない場合)も聞いておくと、万が一高額な修理になった場合に修理をキャンセルするという判断に役立ちます。

エアコンが壊れてしまうのは熱帯夜が続く真夏日の場合が多いですので、早く涼しい部屋環境を手に入れたい場合はいろんなルートでエアコン修理の依頼をしてみるのがいいでしょう。

3.保証も切れていて、取り付けから10年以上経過している場合

エアコン取り付けから10年以上が経過して故障したような場合、保証も切れていますし、仮に今回は修理で直ったとしてもまた別の箇所が故障して動かなくなるという可能性も高くなってきます。

また、エアコンは室外機の中にあるコンプレッサーという部品の摩耗などによって年に2~4%づつ性能が低下(冷暖房の最大能力が低下、または消費電力が増加)していく傾向があります。

こういったこと考えると、すでに10年以上使ってきたエアコンが壊れた場合、このタイミングでエアコンの買い替えするのがおすすめだと考えています。

エアコン買い替えの場合は、家電量販店や町の電気屋さん、テレフォンショッピングなど、どこでエアコンを買ってもOKです。

エアコンを買い換える場合の費用は、ざっくり分けると、エアコン購入代金、古いエアコンの撤去費用、新しいエアコンの取付費用という形になります。

エアコンが故障した場合はなるべく早くエアコンを買い替えたいという気持ちから高い買い物をしてしまいがちです。

ですが、ここは落ち着いて2~3件ほどお店などを回ってみて見積もりをとって、値段やサービス(販売店保証など)を検討していきましょう。

最後に一言

今回は、【エアコン故障!?】室外機が動かない(回らない)原因とDIY対処法まとめについてお話しました。

エアコンの室外機が動かない場合、まずは設定の確認や、室外機の周りに物が置かれていないか、ファンに異物が挟まっていないかなどを確認していきましょう。

それでも室外機が動かなかったり、エラーコードが出る場合は、エアコンが故障してしまっている可能性もあります。

真夏の猛暑のタイミングでエアコンが故障した場合、メーカーサポートは人手が圧倒的に足らないため、修理に来てくれるタイミングが遅くなる傾向があります。

また、エアコンを見に来てくれたとしても、手持ちのパーツですぐに修理ができない場合、実際の修理作業は後日になることもよくあります。

どちらかと言えば、修理ができる人(メーカーサポート)より、単純にエアコンを取り付けることができる人の方が絶対的にたくさんいます(取り付け作業は比較的単純な力仕事になる)ので、なるべく早く部屋を涼しくしたい人は思いきってエアコンを購入して取り付けてもらったほうがいいのかもしれません。

この辺りは、メーカーサポートやお店などに実際に電話して聞いてみたりして、自分の希望する価格や納期を考慮して決めていくのがいいと思います。

是非参考にしてみてくださいね。

それでは!

スポンサーリンク
スポンサーリンク



タイトルとURLをコピーしました