【エアコン故障!?】室外機が動かない(回らない)原因と対処法まとめ

エアコンの室外機の役割とは?

エアコンの室外機が動かない

エアコンは室内と室外の熱を移動させる事によって、部屋を冷やしたり(冷房)や温めたり(暖房)しています。

例えば、夏場の冷房運転をイメージしてみると、室内機(部屋の中に取り付けられている)で室内の空気から奪った熱を冷媒に乗せて室外機に運び、熱くなっているアルミフィン熱交換器に風を送り込み、冷媒が持っている熱を屋外に放出します。

暖房運転のメカニズム

出典)エアコンの秘密|原子力の科学館あっとほうむ

そして、室外機で熱を放出した冷媒はまた室内機側に戻っていき、室内の熱を吸収して室外機の方に戻るというメカニズムになっています。

このことから分かる通り、エアコンは室内機と室外機が同時に動くことで部屋を冷やしたりすることができるようになっています。

ですので、エアコンをつけたのにも関わらず、室外機が動かなかったり、ファンが回らなかったりする場合、「もしかしてエアコンが故障してしまったのか?」ととても心配になってしまうことと思います。

ただし、室外機が動いていなくても、エアコンが故障したことが原因で室外機が止まったわけではないことがよくあります。

以下では、特別な検査機器を持っていなくても、エアコンの室外機が止まってしまった原因を突き止めることができるような内容となっています。

まずは一度落ち着いて、これらの内容をチェックしてみるのがいいと思います。

エアコンの室外機が動かない原因を特定する手順

エアコンが動かないとか、室外機が回らなくて困っている場合、「エアコンにエラーコードが表示されているかどうか」で対処法が異なってきます。

>>【エアコン故障】室内機のランプが点滅して動かない原因と対処法

エアコンのエラーコードとは、エアコンが動いていない原因をユーザーや修理業者の人に知らせるためのもので、室内機のランプ点滅やリモコン表示などに表示されます。

実際のエラーコードは以下のような感じで表示されます。

【エラーコード表示その1】室内機の運転ランプの点滅パターンでエラーコードを表示

室内機のランプが点滅してエラーコードを表示

出典)エラーコード表 家庭用エアコン(ビーバーエアコン)|三菱重工冷熱

低価格帯の家庭用ルームエアコンに多いのが、室内機の運転ランプなどが点滅し、その点滅パターンでエラーコードを表示するというタイプです。

基本的にエラーが出ていない場合は運転ランプは点灯するだけですので、室内機のランプが点滅していたら何かしらエラーが出ているかもしれないと考えてください。

【エラーコード表示その2】室内機の液晶にエラー番号を表示

エアコンのエラー表示室内機の液晶

出典)この暑いときにエアコンが故障とは|利三郎のなにをやっても中途半端でござる

一部の家庭用ルームエアコン(値段の高い高機能タイプに多い)などでは、室内機の液晶にエラーコードを表示するタイプのものがあります。

この液晶に見慣れないアルファベットや数字が表示された場合、エラーコードを表示している可能性があります。

【エラーコード表示その3】リモコン液晶にエラー番号を表示

エアコンのエラーコードがリモコンに表示

出典)エラーコード一覧|大阪エアコン修理点検団

一部の家庭用エアコンのリモコンや、業務用エアコンの場合は壁付けリモコンの液晶部などに見慣れないアルファベットや数字が表示されている場合、それがエアコンのエラーコードである可能性があります。

エアコンが動かない場合、まずは室内機のランプや液晶、リモコンの表示などを確認してみて、上記のようなエラーコードがでていないか確認してみましょう。

このエラーコードの有無で対処法が変わってきますので、下記のメニューから現在の状態に合った方に進んでください。




タイトルとURLをコピーしました