【エアコン故障?】室外機から大量に水が漏れる3つの原因と対処法

エアコンの室外機から水が出る3つの原因

エアコンの室外機から水が出る原因は主に3つあります。

  • 室内で除湿した結露水がドレンホースを通して室外機の近くに出てくる(冷房除湿運転時)
  • 室外機内の配管で結露した水が地面に垂れてくる(冷房除湿運転時)
  • 霜取り運転で室外機のアルミフィンに付着した霜が溶けたときに出る(暖房運転時)

【原因その1】室内で除湿した結露水がドレンホースを通して室外機のところに出てくる

エアコンは冷房運転や除湿運転を行う際、室内の空気から水分を除湿し、そのドレン水がドレンホースを通って室外機に排出されます。

具体的には、室内機の冷たくなっているアルミフィン部に結露水が発生して水滴となってドレン皿に落ち、それがドレンホースを伝わって室外に排出されます。

冷却フィンとドレン皿、ドレンホースのイメージ図

エアコンのドレンホースから出てくる水

このように、冷房や除湿運転を行っている時、室外機の近くに出ているドレンホースから水が出てくるのは通常の動作で故障ではありませんので、心配しなくて大丈夫です。

【原因その2】冷房運転時の室外機内の配管の結露水が地面に垂れる

冷房運転時に配管が水で濡れる

エアコンは冷房運転をしている時、室外機から出る2本の銅配管が冷たくなるため、そこに空気中の水分が結露することがあります。

これは真夏に氷水を入れたコップ(冷えた配管)に空気中の水分が付着結露するのと同じメカニズムです。

室外機内にある配管の中には、外側に見えている配管と同じように冷えて結露しているものもあるため、そこに結露した水が水滴となって落ち、結果室外機から水が出てくることがあります。

このようなメカニズムで出てくる水なため、この冷房運転時に室外機から出てくる水の量はかなり少ないのが特徴です。

これは通常の冷房運転で発生する現象ですので、エアコンの故障ではありません。

ただし、冷媒ガスが抜けてきているような場合は、配管に水ではなく霜や氷が大量についてきます。

エアコンガス漏れで配管に霜がつく

エアコンを停止したタイミングでここについていた氷が一気に溶けて水浸しになることがあります。

このような症状が出てきたら冷媒ガスが抜けてきている可能性がありますので、点検修理、または買い替えすることをおすすめします。

>>【エアコン】冷媒ガス漏れの原因と修理料金相場について

>>【エアコン故障】修理と買い替えの6つの判断基準まとめ

次のページでは、暖房時の霜取り運転による室外機からの排水についてお話していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



タイトルとURLをコピーしました