【エアコン故障】暖房時冷媒ガスの高圧圧力を測定する方法

【STEP1】エアコン室外機の配管カバーを取り外す

まずはじめに、エアコン室外機の配管カバーを取り外していきます。

エアコンの室外機カバーをドライバーで外す

カバーはプラスネジで止まっていることが多いですので、プラスドライバーでネジを取り外し、カバーを下にずらすと取り外すことができます。

エアコンの配管カバーを取り外した

【STEP2】チャージポートのフレアナットを取り外す

次に、チャージポートのフレアナットを取り外していきます。

エアコンのチャージポートのフレアナット

このナットはそんなに強く締まってはいないので、モンキーレンチで簡単に取り外すことができると思います。

チャージポートのフレアナットを緩める

エアコンのチャージポートのフレアナットを取り外したところ

チャージポートには、自動車のタイヤのバルブコアのようなものが付いていて、勝手には冷媒が吹き出してこないような構造になっているため、袋ナットを取り外しただけでは冷媒ガスは出てきません。

多少プシュッと音がすることもありますが、その程度です。

【STEP3】ゲージマニホールドを取り付ける

次に、ゲージマニホールドを取り付けていきます。

ゲージマニホールドを作業しやすい位置に吊り下げます。

冷媒ガスの圧力を測定するゲージマニホールド

そして、ゲージマニホールドのバルブ(赤)を時計回りに回してちゃんと閉じていることを確認していきます。

ゲージマニホールドのバルブが締まっていることを確認する

次に、ゲージマニホールドの赤いレバーがついているポートにチャージホースを取り付けます。

チャージホースをゲージマニホールドに取り付ける

そして、チャージホースのもう片方をエアコンのチャージポートに取り付けます。

ゲージマニホールドをエアコンに取り付けた

するとこんな感じでエアコンとゲージマニホールドが繋がります。

次のページでは、具体的な暖房時の冷媒ガスの高圧圧力の測定方法についてお話していきます。




タイトルとURLをコピーしました