【エアコン水漏れ】ドレンホースの詰まりを自分で掃除する方法

サクションポンプをドレンホースに差し込んだ

エアコンの室内機から水が漏れてきた時、本当に驚いてしまうと思いますよね。

その水漏れの原因の約8割は、ドレンホースの詰まりとなっています。

ドレンホースとは、白っぽい色をした室外機の辺りにぶら下がっているホースのことで、このホースが詰まってしまうとエアコンから水が漏れてきてしまいます。

実はこのドレンホースの詰まりはサクションポンプ(手動式真空ポンプ)と呼ばれる道具を使うことで、自分でも簡単に掃除することができるということを知っていますか?

今回は、このサクションポンプを使ったドレンホース掃除の方法やサクションポンプの代用品の使い方まで詳しくお話していきます。

スポンサーリンク

エアコン水漏れの主な原因(ドレンホースつまり)とは?

エアコンドレンパンと結露水排出のイラスト図

まずはじめに、どうしてドレンホースが詰まってしまうとエアコンから水漏れが発生するのかということについてお話していきます。

エアコンの室内機の中にはアルミフィン熱交換器という部品があり、冷房や除湿、ドライ運転をした場合、この部分がキンキンに冷えて冷たくなって大量の結露水が発生しています。

ここで発生した結露水はドレンパン(ドレン皿)というパーツで受け止められた後、ドレンホースを通って室外に排出される構造になっています。

エアコンの結露水の排水経路(ドレンパン、ドレンホース)

夏場、屋外に設置されている室外機あたりのドレンホースの先端からポタポタと出てきている水は、室外機で発生したものではなく、室内機の方で発生した結露水ということになります。

エアコンから出るドレン水

例えば、真夏日にルームエアコンで冷房運転を行った場合、一日あたり数リットルから十数リットルもの結露水がドレンホースから排出されています。

ドレンホースの中に汚れが詰まって水漏れする

何らかの原因でこのドレンホースが詰まってしまった場合、室内機で発生した結露水がドレンパンから溢れてしまい、それがエアコンからの水漏れの原因となります。

ドレンホースが詰まってしまっている場合の水漏れ症状としては、室内機の吹出口やルーバー、底面、エアコン取り付け部の壁面辺りから水漏れが発生することになります。

エアコンからの水漏れ場所

この場合の水漏れの量としては連続的にポタポタと水滴が漏れ出てくるイメージとなります。

サクションポンプを使ったドレンホース掃除の方法

エアコンの水漏れ原因の約8割はこのドレンホースのつまりが原因となっています。

本格的なドレンホース詰まりの場合は業社に依頼しなければなりませんが、ちょっとした詰まりであれば自分でも簡単に掃除して取り除くことができます。

ドレンホース詰まり掃除に使うサクションポンプ

サクションポンプでエアコンのドレンつまり解消

エアコン水漏れ修理でよく登場するのが、サクションポンプ(手動式真空ポンプ)です。

室外側のドレンホースの先端にサクションポンプを差し込み、勢いよくレバーを引っ張ることでドレンホースやドレンパンに詰まっている汚れや水分を一気に吸い出すことができます。

このサクションポンプは、ホームセンターやネットショップなどで2000円前後で販売されていますので、DIYが得意な場合は水漏れ修理に挑戦してみるのもいいでしょう。

ドレンホース掃除の具体的なやり方

まず、エアコン室内機の吹出口周りにビニール袋をかぶせていきます。

エアコン水漏れ修理でビニール袋をエアコンの吹出口に取り付け

これは作業中に水が逆流して室内機から溢れてきたときに部屋に水が溢れてこないようにするための対策となります。

念のため、室内機の真下の床あたりに雑巾などをたくさん準備しておきましょう。

次に、サクションポンプを室外機のドレンホースの先端に挿入します。

サクションポンプをドレンホースに差し込む

サクションポンプをドレンホースに差し込んだ

サクションポンプの使い方のポイントは、引っ張るときは素早く、押すときはゆっくり操作するか、サクションポンプを取外して押すことです。

というのも、速いスピードで押し込んでしまうとドレンホースにたくさんの空気が一気に吹き込まれてしまってたまっている水が逆流し、室内機から水が漏れてきてしまうことがあるからです。

ですので、サクションポンプを操作するときは、引っ張るときは素早く、押すときはゆっくり、または取外して行うことを意識して作業していきましょう。

何度かサクションポンプを操作して詰まりが取れると、突然スルッと引っ張るのが楽になり、ドレンホースからサクションポンプを取り外すと汚れや水がドバーッと流れ出してきます。

このような状態になったらドレンホースの詰まりは取り除くことができたということになりますので、一度エアコンを冷房運転で動かしてみて水漏れが直ったかどうか確認してみてください。

エアコン起動から20~30分経過後、ドレンホースから水滴がポタポタ落ち始めることを確認することができれば、ドレンホースの掃除は修理完了です。

掃除機を使ったドレンホース掃除の方法

先程はサクションポンプを使ったドレンホース掃除の方法をご紹介しましたが、サクションポンプの代わりに家庭用の掃除機を使ってドレンホース掃除をすることもできます。

サクションポンプより吸引力は小さく、掃除機が故障してしまうリスクもありますが、身近にあるものでエアコン水漏れ修理をしたいという場合は検討してみるのもいいでしょう。

掃除機を使ったドレンホース詰まりの除去方法

まず、ドレンホースの先端に目の荒い布やストッキングタイプの生ゴミフィルターなどを輪ゴムで取り付けます。

ドレンホースに取り付けるネット

ドレンホースの先端に取り付けたネット

これは、ドレンホースの詰まりが取れた際に水分を含んだ異物が一気に出てきて、掃除機の中に吸い込まれてしまわないようにするための工夫です。

そして、ドレンホースの先端を上に向けて片手で握り、その手の上に掃除機の吸込口を押し当てます。

ドレンホースを上に向けて手で握る

掃除機の先端をドレンホースに押し当てる

この時、ドレンホースを下向きや横向きにして掃除機を押し当ててしまうと詰まりが取れた時、掃除機が大量の水を吸い込んでしまい、最悪の場合掃除機が故障してしまう可能性があります。

必ず、ドレンホースは上に向けた状態で、掃除機を上から押し当てるという形で行うようにしましょう。

ドレンホースの詰まりが取れた時、一気に水が流れて来るのがドレンホースを持っている手の感触でわかりますので、その瞬間に掃除機を取外します。

つまりが取れた後はエアコン(冷房運転)を始動し、20~30分ぐらい後にドレンホースから水滴がポタポタと連続して出ていれば、水漏れ修理は完了です。

その他の代用品

ドレンホースの詰まりは、サクションポンプや掃除機以外にも長めの散水ホース(汚水を吸ってしまわないような長さのもの)を使って口で吸ってみたり、吸引力は弱いですが、灯油ポンプを使ったりする事もできます。

本当にちょっとした詰まりであればそういったもので対処することも可能ですが、本格的な詰まりの場合はサクションポンプといった専用工具を使ったほうがいいでしょう。

エアコン水漏れ修理費用の相場

エアコンから水漏れが起こってしまった場合、メーカーサポートやエアコン修理業社に修理を依頼することになります。

一番安心なのがメーカーサポートで、説明書などに記載のサポートセンターから修理を依頼した場合、このメーカーサポートからメーカー専属のサービスマンが派遣される流れとなります。

この修理業者はメーカー専属ということもあり、どのようなエアコン水漏れにも対応することができ安心です。

メーカーサポートの修理費用の相場は以下の通りとなります。

※2020年9月時点

メーカー金額(税抜)
DAIKIN
(ダイキン)
27,800~37,000円
Panasonic
(パナソニック)
17,000~61,000円
FUJITSU GENERAL
(富士通ゼネラル)
未回答
MITSUBISHI ELECTRIC
(三菱電機)
7,000~67,000円
HITACHI
(日立)
未回答
TOSHIBA
(東芝ライフスタイル)
10,000~110,000円
SHARP
(シャープ)
15,000~75,000円
CORONA
(コロナ)
未回答

エアコンの水漏れ修理の金額は、思っているより高くてびっくりしてしまうのではないでしょうか?

メーカー保証や販売店保証が残っている場合、基本的に無料で水漏れ修理をしてもらえますが、保証が切れてしまっている場合は上記の価格での有償修理となってしまいます。

販売店保証を使う場合、修理に来てくれるのはメーカーサポートとなることが多く、費用は販売店側で負担するという形が一般的です。

このようにメーカーサポートはどのような水漏れ修理にも対応してもらえる代わりに、修理料金が高くなってしまうというのがネックです。

基本的にはこの金額の中に出張料(サービスマンを現地に派遣するための費用)や点検料(現場でエアコンの水漏れを特定するための料金)、部品代、作業料も含んだ形となっていますが、遠方地域によってはさらに追加で出張料が発生したりすることもあります。

また、エアコン故障が多発する場のハイシーズンは、メーカーサポートが混み合ってしまっていて修理が2~3週間先になって困ってしまうということもよくあります。

これらのこと考えると、エアコンを使わないオフシーズン(秋や春)で、修理費用の予算も十分にある場合はメーカーサポートに修理を依頼するのがいいでしょう。

エアコンを多用するハイシーズン(夏や冬)の場合は、メーカーサポート以外にもエアコンの水漏れ修理ができる業社は多数ありますので、そういった業社を利用するのも一つの手です。

  • 電気工事業者(一部対応不可メーカーあり)
  • エアコンクリーニング業者(簡易的な詰まり除去のみ)

>>エアコン水漏れ修理業者の選び方のポイント

ドレンホース詰まりを予防する方法

エアコンの水漏れを引き起こしてしまうドレンホースの詰まりは、ドレンホースの点検や定期的なエアコンクリーニングを行うことで予防することができます。

エアコンクリーニングを行う

ドレンホースの詰まりの多くは、室内機内部で発生するスライム状の汚れがうまく排出されず、ドレンホース内にとどまることが原因です。

特に、最近ホームセンター等でよく見かけるエアコン洗浄スプレーなどを使って室内機のアルミフィンを掃除したりしてしまうと、落とされた汚れがうまく流れていかず水漏れを引き起こしてしまうというケースが目立っています。

エアコン洗浄スプレーでフィンのカビ汚れを取り除く

エアコン洗浄スプレーは洗浄力は強いものの、水量が少ないため、落ちた汚れをうまく室外まで排出することができないというデメリットがあります。

アルミフィンについた汚れがひどい場合はこういったものを使って掃除するのではなく、プロに頼んで大量の水で汚れをしっかり洗い流してもらうのがベターです。

エアコン洗浄機でアルミフィンのカビ汚れ落とし

ドレンホースの点検を行う

ドレンホースの詰まりは、エアコンで発生する汚れ以外にもドレンホースの変形や設置状況によって起こりやすくなることがあります。

例えば、ドレンホースの先端が地面まで届いてしまっていると、そこから虫が入ってドレンホースを詰まらせてしまうことがあります。

エアコンドレンホースの先端が地面についている

ドレンホースの先端は地面から離して取り付けるのが基本となっていますので、この辺りは一度チェックしておきましょう。

エアコンドレンホースの先端を地面から離す

この他に、ドレンホースの折れやねじれによって排水経路が細くなってしまうことも詰まりを誘発してしまいます。

よく見かけるのは、エアコンの配管経路の曲がり部などでドレンホースが他の配管に潰されてしまうというケースです。

エアコンドレンドレンホースが潰れて水漏れ

ドレンホースは蛇腹状になっていて変形には強い形状となっていますが、このような感じで長期間にわたって強い力を加えられ続けると、徐々に徐々に変形していきます。

この潰された部分は汚れが溜まりやすくなりますので、こういったドレンホースの曲がり部分も2~3年に一度はチェックしておくことをおすすめします。

また、ドレンホースは紫外線の当たるような部分は3~5年で劣化が進んできてしまうため、それぐらいのタイミングでドレンホースだけ新しいものに交換してしまうというのも一つの手です。

ドレンホースは室外機から1mぐらいのところで接続されています。

エアコンドレンホースの接続場所の例

エアコン水漏れのドレンホースの交換手順

ドレンホースの点検で折れや潰れ、破れなどが見つかった場合はドレンホースを新しいものに交換しておきましょう。

賃貸住宅の場合は自分で水漏れ修理はNG

持ち家のエアコンが壊れた場合の修理費用は自己負担が基本(保証が残っている場合は別)となりますが、もともと賃貸住宅(アパート、マンション、借家)などに取り付けられていたエアコンが故障した場合は、管理会社や大家さん負担となります。

というのも、もともと部屋についていたエアコンは自分の所要物ではなく、管理会社や大家さんのものとなっているからです。

そういったエアコンを勝手に修理を依頼してしまうと修理費用が自己負担になってしまうこともあります。

賃貸住宅のエアコンが水漏れした場合は、まずは管理会社や大家さんに連絡することからはじめていきましょう。

賃貸住宅などでの水漏れトラブルを放置してしまうと、壁や床が傷んでしまって余計な修理費用が発生する可能性もありますので、早め早めに対処するのが鉄則です。

最後に一言

今回は、【エアコン水漏れ】ドレンホースの詰まりを自分で掃除する方法についてお話しました。

エアコン水漏れの8割を占めるのはドレンホースの詰まりで、サクションポンプを使えば水漏れ修理ができるケースもよくあります。

DIYに自身がある場合は挑戦してみてもいいでしょう。

ただ、エアコンの水漏れ修理はやり方を間違えてしまうとエアコンを壊してしまったり、水が逆流して部屋を水浸しにしてしまったり、手が汚れたり、ドレンホースから虫が出てきたりもしてきます。

また、エアコン水漏れの残り2割の原因は、ドレンパンの詰まりや冷媒ガス漏れ、パーツの破損、雨漏りなど今回紹介した方法では修理できないというケースも稀にあります。

少しでも不安に思う場合は、プロにお願いして修理してもらいましょう。

>>エアコン水漏れ修理業者の選び方のポイント

おすすめのエアコン水漏れ修理業者
町の電気工事屋さん

◎最短30分のスピード対応
◎見積もり無料(対応エリア内)
○取扱メーカーはパナソニック、シャープ、ダイキン、富士通、日立、東芝のみ
✕一部未対応エリアあり(WEB見積時に要確認)

【サービス】
エアコン修理全般(水漏れ含む)に対応。夜間修理可能。不要なエアコン買替提案なし。第二種電気工事士が在籍の地元の電気工事業者を紹介。

ユアマイスター

◎地元のエアコンクリーニング業者が多数登録
◎水漏れ対応可否の問合せ無料
✕電話での見積問合せ不可
✕部品交換やガス充填などが必要となる修理は対応不可

【サービス】
エアコン水漏れの約8割の原因を占める排水経路詰まりはエアコンクリーニング業者でも修理可能。WEBフォーム(備考欄)で水漏れ修理対応可能か聞いてみよう。

タイトルとURLをコピーしました